FC2ブログ
※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラム式洗濯機 東芝 ZABOON TW-117X6L 

最近、洗濯機を買い替えた。

我が家も初めてドラム式となった。買い替えるにあたって、コジマ電気に偵察へ行った。
コジマ電気の店員は、パナソニックを一押しであった。また、東京に出張に行ったとき、もう購入済みであったが秋葉原のヨドバシカメラへ立ち寄った。やはり、ヨドバシの店員もパナソニックの製品の前でお客に説明をしている。

どういうわけだか、電気屋の店員はパナソニック一押しのようである。
しかし、コジマ電気に行ったとき、 東芝 ZABOON TW-117X6Lに目が行ってしまった。
スイッチを入れる前は、単なる「板」が、
ZABOON1

スイッチを入れると、「文字」が浮かび上がる。

ZABOON2

もちろん、タッチパネルである。これにつられて、この東芝製に決めてしまった。東芝の売りは、ウルトラファインバブルというもので細かい泡で汚れ落ちがよくなるらしい。とりあえず、カッターの襟首の汚れは、この機能のおかげかどうだかわからないが、非常によく落ちていると家内が言っている。

購入した後、ヨドバシカメラでパナソニックと、日立を確認したが、乾燥の後の綿埃のフィルターお掃除は東芝が一番であった。

ZABOON3

レバーを押せば、綿埃がサクッととれる。いつもいつもブラシを使う必要はない。ドラム式洗濯機 東芝 ZABOON TW-117X6Lはお勧めです。

東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ZABOON ヒートポンプタイプ 左開き 11kg グレインブラウン TW-117X6L T




スポンサーサイト

RAID1のすすめ 

最近のパソコン、ちょっといいチップセットのマザーボードになると、RAIDを構成できます。
ここで、RAID1というのがミラーRAIDというもので、逐次、片方のドライブをコピーしながら、実行できます。
よって、ドライブの容量は2倍であるが、安全性は確実です。

ここで、安全性といううのは「データのバックアップ」ということであり、ウイルスに感染するともう一方も感染してしまうためこちらの対策としては、定期的にバックアップするしかありません。

とはいえ、ウイルスセキュリティーを万全にして、なおかつ、怪しげなメールはすぐ捨てる、添付ファイルは開かないなどと気を付けていれば、RAID1というのは、結構重宝するものです。

今、自宅のパソコンはAMD RyzenのCPUのものを使っているが、Intelを使ったとき、RAID1が役に立ちました。
HDDは突然壊れます。この壊れ方も、「読み取りができない。」ではなく、ジワリと壊れる方が多いみたいです。
こういう壊れ方をしたら、気づかずに使ってしまい、結局症状が重くなり、ぶちっと壊れます。

もしも、RAID1を搭載していると、こういうチェックをやってくれて、OSが立ち上がる時に赤字で教えてくれます。OSはもう一台の正常な方から立ち上がるので、普通に使えます。
あとは、壊れた方を取り除いて、同じ容量のドライブを取り付ければ、「影の作業」でもう一台にコピーをしてくれます。

最近のパソコン、特にゲームパソコンというのは、起動用にSSDを搭載し、データ用にHDDを搭載しています。高機能なパソコンのくせに、「データのバックアップ」ということに関心がないような気がします。とはいえ、SSDはまだまだ高いので、容量の大きいのを2つも付けると、莫大な費用が掛かる。ということで、今のところはHDDを使いまわせばいいのにと思ってしまいます。

RAID1搭載のパソコンに興味のある方は、自作pc 俺ならばこれを買う。(販売)をどうぞ。

AMD Ryzen Master 

AMD Ryzenには、オーバークロックを簡単に制御できるソフトオーバークロック制御用AMD Ryzen Masterユーティリティがある。
前回の記事で紹介した小型PC(mini-ITX)Ryzen 7 1700をこのRyzen Masterでオーバークロックをしてみた。
Ryzen 7 1700のクロック周波数の公称値は3GHzであるが、3.8GHzまでは簡単にオーバークロックができる。

Ryzen masteer

Ryzen Masterの設定は簡単である。速度(MHz)を3800に、電圧制御(V)を1.3875にセットし、「✔適用」をクリックすれば、1コア3.8GHzの8コアにオーバークロックができる。

CINEBENCHを使えば、Ryzen 7 1700がいかほどのものか評価できる。

cinebench

3.8GHzのオーバークロック状態で、Ryzen 7 1700のスコアは、1626。最近、やってみたスコアでは、1631であった。普通に速い。

普段、計算能力を使わないときは、デフォルトを計算能力が求められる時だけこのRyzen Masterを使ってオーバークロックをすればよい。Profile1、Profile2で、プロファイルを保存することもできる。

経験上、オーバークロックをするとき、BIOS側から設定しない方がよい。どういうわけだか、リブート、シャットダウンに失敗する。BIOS側ではあくまで標準に扱い、オーバークロックをするときは、Ryzen Masterを使用するという方が健全に使える。

ちなみにIntel Core i7 6700K オーバークロック4.5GHzのときのCINEBENCHのスコアは973であった。

興味のある方は、自作pc 俺ならばこれを買う。、または、自作pc 俺ならばこれを買う。(販売)をどうぞ。

小型PC(mini-ITX)Ryzen 7 1700 

久々の投稿です。(本当に久しぶりです。)
昨年11月頃、久々にパソコンを自作しました。
ところで、最近、BTOのパソコンを見て欲しいものはありますか。高性能のゲームパソコンはというと、「黒くてでかい」が相場です。
もっと、高性能でコンパクトなものはないのでしょうか。ということで、気に入ったパソコンがないなら、自作すればいいのです。
mini-ITX用ケースでフラクタルデザインの以下のようなものを見つけました。

Fractal Design Define Nano S - Black - Window version

ちょっと動画を見てください



感動しませんか。これに高性能な内容を組み込み自作してみました。

結構コンパクト設計で、中身が丸見えです。これには、HDDベイがないので、以下のように金具で3.5インチHDD2基を固定しました。2TBでミラーRAIDを構築するためです。まだまだSSDは高いので、私自身の自作にSSDは認めません。起動まで待てばいいのです。

HDDをステイで止める。

最近AMD Ryzen 7というのが8コアを搭載し始めていたのでIntelではなくAMD Ryzen 7 1700を搭載しました。さらに水冷式のCPUクーラーも採用しております。
ENERMAX 水冷CPUクーラーLIQMAXII ELC-LMR120S-BSは、小型にもかかわらず、2基のファンを搭載しているので前面に配置し、吸気としました。背面には、ケースファン(光ります)を1基搭載し、排気としました。これで、ケース内部は「正圧(外部より気圧が高い)」状態となるので、埃は積もりにくいと思います。

完成品がこちらです。

外観

内部は、メモリーも含め、きらびやかに光ります。内部が丸見えのケースは、やはり、きらびやかに光らせたほうがかっこいいです。

光る内部

縦、横、奥行きは34(cm)×20(cm)×40(cm)です。
高さ 横幅 奥行

このパソコンのスペックは、以下の通りです。

CPU AMD Ryzen 7 1700 (8コア 16スレッド) クロック周波数:3GHz ソケット形状:AM4
マザーボード Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac  (Mini-ITX)
PCケース Fractal Design Define Nano S - Black - Window version
メモリ 32GB (DDR4 PC4-24000(DDR4-3000) 16GB 2枚組)
ストレージ HDD 2TB×2 (底面に設置)
電源 800W (80PLUS Platinum)
グラフィックス GTX1050Ti-4G
冷却  ケース内後部ファン1個、CPU 水冷式
OS Windows 10 pro
その他 前面パネルにUSB3.0搭載、有線LAN、無線LAN搭載、Bluetooh搭載、2TBミラーRAID構築

興味のある方は、自作pc 俺ならばこれを買う。、または、自作pc 俺ならばこれを買う。(販売)をどうぞ。

Fractal Design Define Nano S Window  



先日書いた記事、Fractal Design Define Nano S Window FD-CA-DEF-NANO-S-BK-Wですが、Mini-ITXの企画の割には、余裕のあるケースです。これは、まともなグラボ(NVIDIA GTX TITAN Xも)搭載可能です。

ということは、JONZBO U2のようにギリギリのスペースで組み込む必要はなく、3.5インチのHDDも十分搭載できるスペースです。しかし、これにはそれ用のラックがありません。そこで、このような金属ステイを見つけました。

IMG_0087.jpg
IMG_0086.jpg

これでスマートに3.5インチ2台を底面に設置することができます。

カモン HDD増設ステイ 2台用





気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。