※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型パソコン Mini ITX (その6) 


Z170I PRO GAMINGでのRAID1の構築です。まず、BIOSでAdvance modeに入り、Adovanced→PCH Storage Configrationに行きます。そのあと、SATA Mode SelectionでRAIDを選択します。

RAID1

そのあと、EZ Tuning Wizardに入ります。というか、上記設定をしなくとも、いきなり、EZ Tuning Wizardに入ってもいいみたいです。あとは指示通り、誘導されるがままに選択、Nextを押していきます。

RAID1

RAID1

RAID1

RAID1

RAID1

RAID1

RAID1

BIOS側でRAIDを設定したのち、OS側では、インテル ラピッドストレージテクノロジーを入れること。これは、付属のディスクのドライバーに入っています。

Vmwareを使う場合は、Intel Visualization TechnologyもEnableにする必要があります。

RAID1

で、最後に。ここが非常に重要です。ユーティリティーのGameFirstは入れないこと!! これを入れると、NVIDIAのGeforce Experienceが起動しません。もちろん、NVIDIA Geforceを付け加えなければ、入れても構いません。「なぜ、Geforce Experienceが起動しないのか。」ということで、windows10を入れた後、もう一度クリーンインストールをしてしまいました。おかげで、原因が究明できました。

ASUSのマザーボード、優秀ですが、ユーティリティーとか無駄なものが多く、かつほかのソフトと干渉するものも少なくありません。
何でもかんでも入れてやれ、ということをしていると痛い目を見ます。

このパソコンの性能は、オーバークロックで4600MHzまで余裕で出ます。このとき、スーパーπ、104万桁を実行すると8秒代が出ました。

2.5インチHDDのRAID1構成では、ファイルの読み書きはそれほど早くありません。

「このケースは音がうるさい」というコメントがありますが、それほど気になりません。そりゃあ負荷がかかる計算をすれば風音は大きくなります。ですが、気にならない程度です。普段の使い方だと、ターボブースト機能のおかげで、低い振動数を維持しています。(大体800MHzぐらいです。) 小型で高性能、いいですよ。 でかくて黒いパソコンに飽きたら、Mini ITXで小型パソコンを組んでみてください。
スポンサーサイト

Apple CarPlay(その2) 

このベンツより、私のホンダのグレイスのほうがよっぽどスマートです。



なんで、乗り込んでスマホ取り出して、ケーブルとつなげて、収納せんといかんの?鞄にスマホを入れている人ならいちいち出してつないでということをしなければならないの?私の場合、iPhoneを鞄に入れているのですが、動画のようなことをしなくても音声で電話をかけてくれます!!

CUDAの設定 

最近、グラフィックボードPalit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)にはまっております。

このボード、並列計算ができます。計算速度はCPUのざっと100倍!! これのためにCUDAというC++によく似た、グラフィックコアGPUを制御するプログラミング言語がNVIDIAのサイトに転がっております。


設定にいろいろとてこずりましたので、参考になればと私が行った設定方法を付記します。

まず、Windows7 64bit、デスクトップということで話を進めていきます。

とりあえず、Geforceなり、Quadoroなり、Teslaを買えば、それなりのデバイスドライバがCDでついてくるのでNVIDIAのデバイスドライバを入れてください。。最新型をNVIDIAのサイトから取ってくることをお勧めします。windows updateのオプションを入れると私の場合は変になってしまいましたので、そこはご自身の判断にお任せします。


次にCUDAですが、最新バージョンは5.0です。

https://developer.nvidia.com/cuda-downloadsのWINDOWS: CUDA 5.0 Production Release、Win 8 / Win 7 / Win Vista、64bitを選択し、インストールしてください。

次にこれだけでは動きませんのでVisual Studio Express Editionを入れる必要があります。ほかのサイトで、「Visual Studio 2008 Express Edition」の入れ方しか説明していませんが、2010 Express Editionでも今のところきちんと動いています。

http://homepage2.nifty.com/nonnon/Chinamini/20110001/20110308.htmlのサイトのVisual C++ 2010 Express Editionを取ってきて、インストールしてください。(またはここから、直接ダウンロードできます。)

ここまでで、あと環境変数の設定等で動くような(動かないような)あやふやなことが書かれてておりましたが、Windows SDK for Windows 7は必要です!!

ここから取ってきてインストールしてください。

ここまでで、纏めますと、グラボのデバイスドライバ以外で、cuda_5.0.35_winvista_win7_win8_general_64-3.msivc_web.exewinsdk_web.exeの3つが必要です。


ここから環境変数の設定です。これは、ここのサイトが参考になります。コンパイルするためにパスを通したり、リンクパスを通したりします。cudaのほうは、インストール時、やってくれているようです。

まず、「コンピュータ」を右クリックし、プロパティー→システムの詳細設定→環境変数に入ります。ユーザー環境変数でもシステム環境変数でもどちらでもかまいません。みんなで使うか個人で使うかの違いです。

ここのサイトのpath=以降をコピーし、最後に継ぎ足します。塗り替えてはいけません。もっとも、pathという環境変数がなければ作ってそのまま張って結構です。

INCLUDE、LIB、LIBPATHも同様に設定します。それともうひとつ重要事項ですが、これら環境変数の変数値の「Microsoft Visual Studio 9.0」を「Microsoft Visual Studio 10.0」に変えてください。

あと、

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.1\Bin
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.1\Include
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.1\Lib

もPATH、INCLUDE、LIBに加えてください。最後がそれぞれ、%PATH%、%INCLUDE%、%LIB%になるようにして、セミコロンで繋げていき追加します。

ここでも注意が必要ですが、v6.1v7.1にする必要があります。

ファイル名をHello.cとし、

#include

void main( void ) {
printf( "Hello World!\n" );
}

をエディタで編集し、DOSプロンプトを起動し、コマンドラインから

cl Hello.c

を実行すると、Hello.exeが生成されますので、動かすと動きます。

CUDAの場合、もう人手間が要ります。もっとも

nvcc --machine 32 ~.cu -o ~

とすると32ビット環境での実行ファイルが生成されます。CUDAはデフォルトで64ビットですが、Visual studioが32ビットなのです。64ビットにこだわるならば、まず、このサイトに行ってください。そして、

vcvarsamd64.bat.txt

を取ってきます。vcvarsamd64.bat.txtをvcvars64.batに変えます。

中身も
@SET VSINSTALLDIR=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0
@SET VCINSTALLDIR=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 9.0\VC
@SET WIN64SDKDIR=C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.1

のところを、
@SET VSINSTALLDIR=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0
@SET VCINSTALLDIR=C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC
@SET WIN64SDKDIR=C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1 に。

後、直さなくても動いたのですが
@set LIBPATH=%FrameworkDir%\%Framework35Version%;%VCINSTALLDIR%\ATLMFC\LIB\amd64;%VCINSTALLDIR%\LIB\amd64;%LIBPATH%

は、35を取って、
@set LIBPATH=%FrameworkDir%\%FrameworkVersion%;%VCINSTALLDIR%\ATLMFC\LIB\amd64;%VCINSTALLDIR%\LIB\amd64;%LIBPATH%

としたほうが正解です。この修正したvcvars64.batをC:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 10.0\VC\bin\amd64 煮コピーすれば完成です。

もっともこれは、\VC階層下のvcbarsall.batが呼び出され、64ビット環境に塗り替えるといったことをしているので、はじめの環境変数に64ビットを入れておけばいいことだけかもしれません。

ファイル名をhell_gpu.cuとし、

#include

__global__ void kernel( void ) {
}

int main( void ) {
kernel<<<1,1>>>();
printf( "Hello, GPU World!\n" );
return 0;
}

をエディタで編集、コマンドラインから

nvcc hello_gpu.cu -o hello_gpu

で実行ファイルhello_gpu.exeが生成されるはずです。これで、CUDA開発環境が整います。(ちなみに統合環境は使っておりません。)





Palit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)





Palit GeForce GTX 680 JETSTREAM 4GB (NE5X680010G2-1041J V2)


自作pc 俺ならばこれを買う。

いじめ 

《いじめられている君へ》中川翔子さん

■逃げて まず自分が大事

 無理して学校に行く必要なんかない。いじめなんてくだらなくて、立ち向かう意味すらないから。いじめから逃(に)げることは、本当の「逃げ」とは違う。まず、自分のことを大事に考えてほしい。

 中学のころ、私はずっと「死にたい」と思ってた。無視(むし)されたり、陰口(かげぐち)を言われたりするのがつらくて、結局、卒業式も欠席した。1人で絵を描いていて、「キモい」って笑われた。「お前に言われる筋合(すじあ)いはない!」って言い返したかったけど、言葉が出なかった。今でも悔(くや)しいんだよ。

 「学校だけが世界の全てじゃないよ」って励(はげ)まされたことがあった。「あなたに何が分かる!?」って、その時は思ったけど、いつしかそう考えられるようになった。だって、学校なんて周りに数十人しかいない小さな世界だから。無理に合わせても苦しいだけだよ。

 いじめる子たちをよく見てると、仲間の中から順番に1人選び、その子を無視して喜んでた。心底(しんそこ)くだらないと思った。人の痛みが分からない人間だ。もし自分が死んでも、ダメージを受けるのはいじめてきた子たちじゃなくて、自分の家族だけなんだ。意味のないことはやめようと思った。

 私は趣味(しゅみ)の世界に救われた。いくら「オタク」って言われても、絵を描いたり、漫画(まんが)を読んだり、ゲームをしたりするのが好き。今はインターネットで仲間を作ることができる。学校の外にすてきな出会いがたくさん待ってるんだから、何か一つでも、楽しいことを見つけてほしい。

 人は、両親や祖父母、その先祖(せんぞ)らが出会って生まれた、いわば奇跡(きせき)のような存在。人生を邪魔(じゃま)する資格は、誰にもない。(なかがわ・しょうこ=タレント)

教育評論家の言葉より、彼女の言葉のほうがずっと励みになるし、その通りだと思う。

いじめにあったら徹底的に逃げる。これ以外にはない。というのも社会も「いじめっ子」の味方だということが今回の事件で露呈したからである。

さてもう一軒、面白い記事。

【いじめ問題】大津市教育長がハンマーで襲われ負傷した事件 / ネットユーザーから厳しい声「やりすぎんなよ(笑)」「じゃれあってただけだろ?」- ロケットニュース24(2012年8月16日13時00分)

大津市の澤村憲次教育長がハンマーで襲われて負傷した事件で、19歳の大学生が逮捕された。産経ニュースの報道によると容疑者の大学生は「(澤村教育長が)真実を隠していると思い 許せないと思った」と供述しているという。この大学生は、大津市の中学生がいじめを苦にして自殺した問題で、教育長の対応に怒りを感じていたようだ。

しかしインターネット上の声をみてみると、負傷した教育長に同情する声はほとんどなく、むしろ今回の事件に対して皮肉的なコメントしている人が多いようだ。以下は、教育長負傷事件に対するインターネット上の声である。
 
・インターネット上の声
「やりすぎんなよ」
「やりすぎんなよ(笑)」
「プロレスごっこだろ」
「じゃれあってただけなので無罪」
「じゃれあってただけだろ?」
「襲撃されたのかwww ・・・やりすぎんなよw」
「ふざけ合ってただけでしょ」
「ふざけあってただけなので警察に通報する必要は無い」
「その年でプロレスごっこは身体に堪えますねw」
「まあ遊びだろ。警察入れるとか大袈裟すぎ」
「これは早急にアンケートが必要だな」
「殺人未遂があったかどーかアンケートをとるべき」
「じゃれ合いを通報するとは、粋じゃないねぇ」
「なんで警察がこの件で動くの? いじめでは動かないのに?」
「これはアウトだろ。教育長を殺すとかターゲット間違ってるし。この大学生はアホ」
「ほんと自分の身に危害が及びそうになった時の公務員の行動は光速を超えるよな」
「こんなもんじゃなかったろ、自殺した子がされてた事はさ」
「中学生が自殺するまでいじめる→隠蔽 教育長をいじめる→即110番 なぜなのか」
 
……と、厳しい声がインターネット上であがっている。

ただ、この後の記事だが、

どんな理由があろうとも決して暴力は許されることではない。しかし、世間では「教育関係者が自殺した中学生男子を見殺しにした」という考えが広まっており、大津市の教育関係者に対して怒りを感じている人が多いのは確かだ。

公共の記事、公共の発言では上の赤字のようなことを必ず付け加える。日本人はよく教育された温和な農耕民族だから滅多なことで暴動は起きない。アメリカなど黒人差別問題が明るみになると暴動が起きる。

国民だけでなく国家自身も「暴力はよくない。」というぬるま湯状態なので隣国からなめられて島に上陸されているありさまだ。国家が行っていることといえば怒った顔をして「極めて遺憾である。」というだけである。

国家も社会もこういう状況だから、いじめはなくならないのだ。

ただ、19歳の若者、私は「よくやった。」と心から褒めてあげたい。

自分はできるかといえばできないからである。「暴力は絶対によくない。」ときれいごとを言うのではなく、できれば彼は無罪放免にしてあげたい。彼のような正義感、他の人にあるだろうか。みんな口ばかりの評論家なのである。

彼の行動、今回の事件に対して、いや全てのいじめに対して、鉄槌を下すものであった。

これにより、教育長は、「また襲われやしないか。」とびくびくするであろう。彼はこれから堂々と町を一人で歩くことはできないであろう。「どいつが襲ってくるか。」とびくびくしながら過ごさなければならなくなるからだ。彼ばかりではない。校長、担任、いじめ加害者、いじめ加害者の両親、みんな命を狙われやしないかとびくびくしながら過ごさねばならなくなるだろう。

しかし、教育長だけではなくテレビには顔を出していない教育委員長、こいつらも襲われればよい。

少しでもこいつらにいじめられていた子の気持ちを味わっていただきたいものだ。

「悪いことをすればバチが当たる。」

小さいころから聞かされてきた昔話、そういうことを日本人は学んできたはずだ。本質的には「バチがあたるから悪いことはしない。」ではなく「人間の良心として悪いことはしない。」だが、悪がはびこる世の中、昔話的教訓も必要であろう。

小出氏、4月26日の話 





気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。