※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fractal Design Define Nano S Window  



先日書いた記事、Fractal Design Define Nano S Window FD-CA-DEF-NANO-S-BK-Wですが、Mini-ITXの企画の割には、余裕のあるケースです。これは、まともなグラボ(NVIDIA GTX TITAN Xも)搭載可能です。

ということは、JONZBO U2のようにギリギリのスペースで組み込む必要はなく、3.5インチのHDDも十分搭載できるスペースです。しかし、これにはそれ用のラックがありません。そこで、このような金属ステイを見つけました。

IMG_0087.jpg
IMG_0086.jpg

これでスマートに3.5インチ2台を底面に設置することができます。

カモン HDD増設ステイ 2台用





スポンサーサイト

Fractal Design Define Nano S Window FD-CA-DEF-NANO-S-BK-W 

パソコンケースで最近久々に「これはいい」という商品を見つけました。
です。

Nano S window

下にフィルターがついています。
Nano S window

Nano S window

マグネット付きのフィルターです。
Nano S window

上も開閉できます。
Nano S window

防音装備が素晴らしい。単なる金属板はありません。
Nano S window

裏側へ配線を回せます。さらに3.5インチHDD1台と、2.5インチSDDorHDD2台を搭載できます。
Nano S window

全部のカバーをとったところ。骨も頑丈です。
Nano S window

最強スペックでパソコンを組みたい衝動に駆られます。

自作pc 俺ならばこれを買う。をよろしく。



Fractal Design Define Nano S - Black - Window version ミニタワー型PCケース CS6034 FD-CA-DEF-NANO-S-BK-W


Hackintosh on VMware 

Windows10にVMware Workstation 12 Playerを走らせ、その上にMac OS Xが走ります。

hackintosh1

フル画面表示にするとこんな感じです。

hackintosh2

ちなみにOS X El Capitanです。

hackintosh3

まず、VMware Workstation 12 Playerをダウンロードします。

このサイトに詳細が載っているのですが、unlockerは最新版unlocker204.zipがいいです。ただし、アカウントを作ってください。そうするとダウンロードできます。

あとは、「Windows上のVmwareにMac OS X Yosemiteをインストール」に従い、Yosemiteをインストールしていきます。Yosemiteインストール後は、VMware上のMacを起動後、アプリケーションのアップデートでOS X El Capitanに更新できます。

最初のインストールからログインは非常に遅いのですが、一回起動後は比較的早くなります。尚、メモリは10GBとっております。

自分自身、MacBook Airを持っておりますので、デスクトップでkeynoteを作成後、iCloud Driveにデータを移すと、MacBook Airで使うことができ、非常に便利です。

確かに、MacBook Airより動作は遅いのですが、広い画面というのは操作がしやすいです。ちなみに、このHackintosh、iMessageは使えません。

小型パソコン Mini ITX (その実力) 

こいつの実力を記述する。
組み立て

まず、2.5インチHDD2台をRAID1で構成させると、読み書きは遅い。
crystaldisk

ところが、マザーボードに付属しているユーティリティ、RAMcasheを1Gbyteほど起動すると、以下のように劇的に変わる。
ramcashe

これならば、SSDはいらないのではなかろうか。
crystaldisk

CPUも安定して4600MHZまで余裕でオーバークロックすることができる。
overclock

この時のsuperπ100万桁の計算時間は8秒である。
superpi

グラボGTX960 2GBの実力は以下のとおりである。
3DMARK 11 performanceスコアは、10068であった。
3DMARK 11
3DMARK 11

能力的に申し分ない。しかも、机の上においても邪魔にならない大きさである。小型で高性能なパソコンに満足している。

小型パソコン Mini ITX (その5) 

JONSBO U2 Mini ITXを組み上げるとこうなりました。

組み立て

組み立て

配線作業が大変です。というのが、細かいところに指が届かない!!


最終的にBIOSで、HDDの2TBが2つ、メモリの合計が32GBを確認します。

組み立て

青い光が漏れるとこうなります。

組み立て

組み立て

サイドの蓋をはめてもこんな感じ。青い光が漏れてかっこいいです。

組み立て

これでめでたしめでたしといいたいところでしたが、前面のヘッドホン端子にヘッドホンを差し込んで音を出してみると、片方が聞こえないことが判明しました。

よくよく見ると、配線の黄色が切れていました。どうも、こういったケース、私はよく初期不良に当たります。またこのケース、買って時間は経つし、もう売られていないし、ということで、工作で配線をつなぐことにしました。

さて、いざ、配線をつなぐとなった時、今まで組み上げていたものをまた分解しなくてはならない状況に陥りました。

バックのファンから取り外して、電源を取り外して、マザーボードを電源の配線をつけたまま取り外して、ようやくフロントのファンのネジに届きます。フロントのファンを取り外して、パネル面のオーディオ、USB3.0の部品をケースから取り外すことに成功しました。

あとは、脱線したところをスズメッキ線を用いて線をつなぎました。一応、収縮チューブもかぶせました。

いったん組み上げたものを分解してまた組み上げると、効率よく組むことができます。

まず、オーディオ、USB3.0の部品をケースにねじ止めします。この手のケース、マザーボードの線の接続をまず一番にします。 SATAと電源コード、ファンのコードです。

次に、フロントのファンをねじ止めします。その次はマザーボード、次は電源、最後にバックのファンを取り付けると、あっという間に完成しました。一回目の作成と比べるとえらい違いです。

もう一つ、最後にビデオボードを取り付け、電源コードを取り付けます。

最初にマザーボードに線を接続するメリットは、指でしっかりと差し込むことができることです。

これを最後にすると、狭いところに指を突っ込み、ちょこっとはめ、あとは、ドライーバーか何かで上から押すことになります。これが大変な作業です。

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。