※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の党首討論 

先日、報道ステーションで党首討論があった。

この動画を探していたのだが見当たらなかった。ネット上でデイリースポーツの記事があったので掲載する。

橋下氏、TV党首討論で大暴れ!議員給料3割カット要求…安倍首相は無言

デイリースポーツ

 維新の党共同代表の橋下徹大阪市長が3日夜、テレビ朝日系「報道ステーション」で行われた与野党9党首による党首討論に出演し、予告通り安倍晋三首相(自民総裁)らに、国会議員の給料3割削減を約束するよう迫った。賛否がとられ、激しい論戦となる中、安倍首相は賛同の手を挙げず、発言もしなかった。

 橋下氏は前日2日の街頭演説で「僕の給料は40%カット、退職金80%カットしている」と、08年から大阪府知事、大阪市長として、大阪での議員、職員の給与カットを行うため、まず自身の報酬からカットした経緯を説明。「身を切る改革」を国政レベルでも行うべきと、テレビでの安倍首相への“公開要求”を予告していた。

 与野党9党首が集った番組で橋下氏は、消費税が増税された中「国会議員の給料はこの5月に20%あがった。国民に負担押しつけるだけ押しつけて、国会議員の給料上げるなんておかしい」と指摘。「今ここで皆さん、国民に負担求めるんだったら国会議員の給料3割削減、ここで約束しましょう」と迫った。

 ここで賛否がとられ、民主・海江田万里代表、生活・小沢一郎代表、共産・志位和夫委員長、次世代・平沼赳夫党首が賛同の挙手。一方、安倍首相は挙手しなかった。

 ただ民主・海江田氏が「ここで3割と言わず、よく相談すればいい」とトーンを下げると、橋下氏は「なんで3割ダメなんですか。3割削減しても1600万円もらえる。僕の大阪市長の収入よりもっと上ですよ」と追及した。

 一方、安倍首相とともに賛同しなかった公明・山口那津男代表は「国会議員が率先垂範して身を削ることはあり得てもいいが、大きな流れの中で、いきなりそれだけをやってもパフォーマンスになる」と指摘した。

 その後、議論は共産・志位委員長が「私は3割程度のカットは当然だと思う」としたうえで「政党助成金320億円をばっさりゼロにすべきだ」と提案。これに橋下氏が「それはズルい。赤旗を役所に売って、税金が共産党に流れている。大阪市役所や役所に買わさせないようにしてからスタートしてください」と発言すると、志位委員長は「そんなのめちゃくちゃな話だ」と反論し、乱戦模様に。

 この間、注目された安倍首相は、厳しい表情のまま、発言はしなかった。

 番組では、テレビ論戦を得意とする橋下氏が大暴れし、司会の古舘伊知郎から「橋下さんのいけないところは、メッタ打ちにするところですよ」と指摘され、橋下氏が苦笑いを浮かべる一幕もあった。


という内容であった。一番の驚きは、消費税を8%にしておきながら、国会議員の給料を20%アップさせたことである。

こういうことは、姑息にやるのですね。
スポンサーサイト

サッカー報道から学ぶ危険性 

毎度W杯で「日本は強い!」とテレビが煽らざるを得ない事情- NEWSポストセブン(2014年6月26日16時00分)

 連日各局で放送されているサッカーW杯ブラジル大会。残念ながら日本代表はグループリーグを突破できなかったが、初戦となったコートジボワール戦は46.6%と、今年最高の視聴率を叩き出し、テレビ局にとっては、相変わらずサッカー日本代表戦が超優良コンテンツであると証明した。ただし、ニュース番組の視聴率は、当然ながら日本の勝敗に大きく影響されるという。テレビ局関係者が話す。
「日本の初戦の15日は、ほとんどのニュース番組が日本代表を特集しました。しかし、数字が良くなかったんです。『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)は11.5%でしたが、通常は15%前後を出す番組。『サンデースポーツ』(NHK)も2時間スペシャルと気合いを入れてきましたが7.4%で、前週の10.8%を大幅に下回った。大概2ケタに乗せる『Mr.サンデー』(フジテレビ系)も、9%と伸びなかった。
 理由は、『負けたから』という一点に尽きる。野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)のときもそうでしたが、負けたのを知っているのに、わざわざ見たくないのは当たり前の心理ですよね。
 勝っていれば、視聴率はもっと高くなっていたはず。W杯の日本戦中継自体は、数字を稼げる鉄板中の鉄板ですが、その後のニュース番組は勝敗に明らかに左右されています」
 ほとんどのテレビ番組が大会前から「グループリーグは突破できる」と伝え、初戦に敗れて可能性が低くなっても「まだ大丈夫です」と言い続けた理由はここにあるのだという。
少しサッカーを知っている人なら、コートジボワール、ギリシャ、コロンビア相手にグループリーグを突破するのは、簡単ではないことだとすぐにわかる。それでも、テレビを通じて『相手が強豪ばかりなので、勝ち目はありません』といったら、視聴率は取れない。誰も、テレビ番組にそんな悲観的な予想を求めていないのです。
 視聴者も『テレビはすぐに煽る』と批判するのではなく、『テレビとはそういうものだ』と認識したうえで見るほうがいいのかもしれませんね」(同前)

日本国民全員が騙されましたね。スポーツ紙などは「本田叩き」を掲載していますが、本当に悪いのはマスゴミである!!!

で、このようなサッカーだからのどもと過ぎれば熱さを忘れる的なことですみます。しかし!!!いざ日本が戦争をしだしたらどうなる???

明らかに劣勢なのに、マスゴミはいけいけドンドンと煽り立てるでしょう。結局、第2次大戦中と今の時代、根本的には何も変わらないってことですわ。

STAP細胞について。 

最近の風潮なのだろうか。

早稲田・小保方氏の指導教授らのゼミ、博士論文でコピペ大量発覚!

早稲田の研究室内でコピペが横行していたみたいである。

いつからだろうか。こんなに堂々と不正をはたらくようになったのは。

私の時代は、今ほど簡単にコピペができなかったのでこういう事件はなかった。しかし、私のレポートを手書きで丸写しする奴はいた。結果的に私のほうが評価点が下であった。(字が汚いため)

問題は、博士論文でも大胆不敵にこういうことが行われていたというのが信じがたい。

こういうことを堂々とできるというのは、体裁さえ整えればよいという感覚である。早稲田も日本語で提出させればよいのに。といっても日本語でも堂々とこういうコピペが行われるのであろうか。


しかし、やはり信じがたい。コピペは悪いというモラルはなかったのであろうか。「科学者として未熟」ではなく「人間として未熟である。」もっと厳しく言えば、中世ヨーロッパだったら、宗教裁判にかけられ火あぶりの刑であろう。これくらいのことを犯していると思われる。

最終的にSTAP細胞はあったのであろうか。このことに対してやはり疑問が残る。

というか非常に怪しい。「細胞を酸に漬けてみる」という単純なことこれまでの分子生物学者はやっていなかったのか。

あらためて考えてみるとここに行き着く。逆に「細胞をアルカリに漬けてみる」ということもしていないのであろうか。

こういう単純なことで世界中の人々を騙すことができたというのはすごいことである。

植物などは切り刻むような簡単な刺激を加えると、そこからまた発生するという現象を見て、動物細胞でも同じではないか。という発想が初めにあったはずである。

このことからスタートして、小保方氏に関して2つのことが考えられる。

1つは故意にやったことか。
これならば罪は非常に重い。
こういうシナリオを「どうせバレないから。」と世界中を欺いたのではなかろうか。D論でのコピペが何も言われず、できたのでここから神経が麻痺をして、権威的な雑誌でも堂々と不正をし、堂々と発表をした。この業界、再現実験などなかなか成功しないということも知っていたので、不正をしてもバレないと思っていた。

よって、一番重要な電気泳動、細胞分化の写真など堂々と不正をやってのけた。全て、世間にバレないだろう、ノーベル賞をもらえるだろうと思ってやってのけていた。周りを固めることには準備周到で共同執筆者に権威の若山先生を含めてていた。「故意であった。」と思えるのは、細胞分化のD論の写真、これはどう考えても意図的なにおいがぷんぷんする。
また、STAP細胞ができたといって、意図的にES細胞を若山氏に送り、これがいろいろなものに分化するのを確かめてもらい世界中にアピールした。

2つ目は故意ではなかったか。
まじめに研究した結果、たまたまSTAP細胞が発見できた。しかしそれを認めてもらうために論文を書かねばならないというハードルがある。これを乗り越えるため、過去にやったD論を書いたときのように堂々と不正をはたらいてとりあえず、発表にこぎつけた。ただし、こういうことを堂々とやれる人々というのは注意力散漫なので、本人はSTAP細胞と思っていたが、実はES細胞が紛れ込んだ結果だったりする。ただし、本当に大発見の可能性も非常にわずかではあるがあるのかもしれない。

どちらにせよ、「故意に不正をはたらいた」のは事実である。ここで小保方氏が犯罪的に恐ろしいレベルのバカなのは以下のとおりである。

まず、このような大発見をし、発表しようとしたとき、他人の論文のコピペを行ってバレないとでも思ったのであろうか。有名になれば、書いた本人が「あっ、これ俺の文章だ。」と気がつきそうである。

これから、どんどんと不正が暴かれるとは思わなかったのであろうか。こういう大発見をネイチャーに投稿するとなると、ほんの少しのほころびもないように重々気をつけるはずであると思われるが。共著者にその分野のエキスパートがいることと日本を代表する研究機関だからバレないとでも思ったのであろうか。

小保方氏はもう研究生活は続けることはできないであろう。数年後に「実はSTAP細胞はあった。」としても野依氏などああいう論文を堂々と世に出すこと自体が信じられないことなので理事長権限で理研は少なくともくびにするのではなかろうか。

「実はSTAP細胞はあった。」となったときマスコミはどういう対応をするのであろうか。これが見ものである。
しかし、「酸に漬けて簡単にできる」などあまりにも単純すぎる。多分、STAP細胞はないと思う。案外、若山氏はその実情を知ってしまったのではないかと思われる。

3月14日の重鎮の会見も実は真相が全てわかっており、いかに沈静化するかという行動をとっているのではないかと思われる。

多分、今後の理研の出方は、「論文に不正はあったが、実験はまじめに行われていた。ただし、非常に些細なところでES細胞が紛れ込んでおり、結果としてそのES細胞をSTAP細胞として観測してしまった。」という着地点にもって行くのではなかろうか。

STAP細胞について(実際どうなの?) 

小保方氏の論文偽装の数々がネットで公表されている。(ここ


「図や文章を勝手に引用した。」というのはこの際どっちでもいい。実際、これは本当なのかどうか。を知りたい。

まず、3月6日の記事を掲載する。

STAP細胞 小保方さん、再現実験に成功 論文発表後初めて

 理研は5日、小保方晴子研究ユニットリーダーが1月末の論文発表後、初めてSTAP細胞の再現実験に成功したことを明らかにした。実験の客観的な証明には第三者による再現が必要だが、成果の正しさを一定程度裏付けた形だ。

 理研によると、小保方氏は理研発生・再生科学総合研究センターで先月、再現実験を開始。論文通りの手法でマウスの体細胞を弱酸性溶液で刺激し、あらゆる細胞に分化できるSTAP細胞を作製することに成功した。細かい実験手順も含め同センターとして正しさを再確認したとしている。
2014.3.6 08:59 産経ニュース


これが一転して次の3月11日の記事を見てもらいたい。

STAP細胞騒動に理研と小保方氏「ダンマリ」 取材応じない姿勢にマスコミから批判も- J-CAST(2014年3月11日18時39分)

~略~

共著者のひとりである山梨大学の若山照彦教授は2014年3月10日、報道陣に対して、小保方さんを含む共著者に論文の撤回を呼びかけたことを明かした。「確信がもてなくなった」のが理由だ。画像の使い回しの疑いや、「報告を受けていたことと違う」点が見つかったという。共著者でありながら、自身の手のみでSTAP細胞の再現は1度も成功していない。「いったん取り下げて修正し、正しい論文として発表し直した方がよい」との主張だ。


共著者でありながら、自身の手のみでSTAP細胞の再現は1度も成功していない。この意味がさっぱりわからん。数日前、小保方自らが成功しているのに?

もしも、自分自身で再現ができなければ、すぐ電話をして、なぜ理研に行ってマンツーマンで共同実験をしないのか?失敗する原因を突き止めたくないのか?
それをやれば、まずいのか実は大発見なのかすぐ分かるはずである。第三者による再現とは言っているが、彼も一応第三者とみることもできる。よって非常に身近に強力な「第三者」により、再現実験ができるはずである。彼の目を通せば、信頼できうる実験かどうかも検証できるはずである。

もし大発見ならば、若山氏はすぐに説得できるように論文を書き直したり、あるいは私が先日述べたように実験手順を録画して公開すべきである。これですべての疑惑が晴れるはずである。

これをしなくて「俺一抜けた」は卑怯ではあるまいか。というか、若山氏自身「これはマズ過ぎる」ということが分かってしまったのか?だとしてもきちんとその誤解を公表すべきである。

なんかうやむや状態にしたまま放っておく姿勢が気に食わない。最近の日本人、(当然矢表の小保方も含め)卑怯な人が多すぎる。

間違っているならば、「すみません間違っていました」と記者会見するのも潔いではないか。

STAP細胞について、疑問なところ。 

この問題について、共同研究者である山梨大学の若山照彦教授が、他の共同著者に論文の取り下げを呼びかけたことを明らかにしたとのこと。

一方、共同著者のハーバード大バカンティ教授は、「いくつかのミスはあったが結論に影響するものでなく、私の知るかぎり、論文を取り下げる理由はない」と言っている。

真相はいかに!!

文章の転用、写真の使い回しなどひどいものがあったという事実である。

それはそうとして「本当にSTAP細胞はできるのか。」、ここに論点を絞り込んでいただきたいものである。

「他の研究者による再現実験は成功していないとのこと」であるが、これをきちんと小保方側が証明する手段はある。

実験手順を一挙手一投足全部ビデオに収め公開すればよいだけのことである。場合によってはWEB上で公開すればよい。

こんな簡単なことは、日本を代表する研究機関である理化学研究所では簡単にできることである。

何のために多額の研究費を投じているのか。ビデオカメラと媒体を用意すれば簡単なことである。

これができない理由は何か。これをすれば証明できるだけである。

それを公開することにより、実験手順は隅から隅まで分かるはずである。

まず、これを真っ先にしなければならないと思うのであるが、次に疑問な点がある。

共著者は何をしていたのか。

論文を投稿する前に、図の吟味、文章の吟味は最低でもしなければならない。その時には、KClと書かねばならないところをKC1(イチ)と書いてしまっているところに気が付くであろう。そうすると、スキャナで文章を読みこんだとか、他人の文章を丸ままパクッてしまっているという事実に気が付くであろう。

さらには、共著者、共同研究者による再現実験も行ったうえで天下のnatureに投稿しなければならないことは常識中の常識であろう。

このようにずさんな研究体制、何も小保方氏だけが責められることではないと思われる。

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。