※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島ラーメンHISHIO 

最近、ブログを更新していなかったので、久々にラーメンネタです!!

醤そば


このラーメンは、岡山駅近くにある「小豆島ラーメンHISHIO」です。このラーメン自体が醤そばというものです。普通にとんこつ醤油でうまかったです。

この店、何と替玉無料!!メニュー表の替玉のところに「心ゆくまで」と書かれております。駅周辺は飲み屋が多く、私もたまたま飲んだ後、ふらふらと立ち寄ったお店で、替玉までは食べられませんでした。一回、替玉を食べるつもりで訪れてみたいものです。


場所はここ

スポンサーサイト

油そば 油虎 

ちょっと出張でつくばへ行った時に見つけたお店です。

油そば専門店で、小盛り、並盛り、大盛り全て同じ値段です。2日続けて行ってしまいました。初日に食べたのは、油そば肉のせ、果敢にも大盛りに挑戦してしまいました。

翌日は、汁なし坦々まぜそば。味を極めるならばこちらでしょうか。ジャンク盛りに人気が集中していますが。

無料トッピングでマヨネーズ、刻みニンニク、自家製食べるラー油をつけることができます。すでに完成されている味なのでことさら、「マヨネーズ」は×必要はないのではと個人的に思ってしまいます。

汁無し坦坦麺

写真は汁なし坦々混ぜそばです。辛みはもちろんですが、山椒のピリピリ感たまりません。そもそも麻婆豆腐、あの「麻」というのは、山椒のしびれることを言っているだのとか。あばたづらの婆さんが作った豆腐料理という説もあります。

とりあえず、このピリピリ感、癖になります。また、ピーナツもタレに入っているのでしょうか。うまいです。

とくにこの汁なし坦々混ぜそばにはマヨネーズをかけて欲しくないなあというのが率直な感想です。



大きな地図で見る

カップヌードル 焼きそば 

今注目しているカップ麺がある。「カップヌードル焼きそば1ミニット」である。パッケージが白地に赤のカップヌドルである。これは外観からしてただならぬカップ麺だと思う。

そもそもカップヌードルシリーズ。これは、カップ麺界の超エリートなのである。いろいろな種類のカップヌードルが現れるがだいたいは一時的なものでその中でも抜群の売れ行きなものだけが残る。カップヌードルのオリジナル、カレーヌードル、シーフードヌードルは北斗の件で言うと、ケンシロウ、ラオウ、トキである。ガンダムで例えると、RX-78、νガンダム、Zガンダムである。仮面ライダーで言うと、仮面ライダー1号、2号、V3である。(この順番には私の主観が入る。)

生き残ったカップヌードルの中でもさらに皆さんに愛され続けるカップヌードルが白地に赤のパッケージのカップヌードルである。よく、カップ麺のランキング番組があるが、だいたいカップヌードルが一番である。単なる醤油麺で、カレーとか、白湯系のほうがインパクトがあるのあるが、神経を研ぎ澄ませてカップヌードルの醤油スープを飲んでもらいたい。なんかいいダシを使っているようである。

カップヌードルには厳選された材料が使われているのではなかろうか。エビなど小エビがふんだんに入っている。あのようなエビ、他のカップ麺に入っているだろうか。イトメンのちゃんぽんめんなどのエビはオキアミである。


カップヌードルには特別に厳選された材料が使用されているのには理由がある。特にエビ。そもそもカップヌードル出生の秘密は創業者安藤百福がアメリカにチキンラーメンを持っていって交渉しようとしたところ、アメリカ人が紙コップにチキンラーメンを2つ折りにして食べたところをヒントにしたそうだ。

しかも百福、「エビは高級感があり、めでたい。日本人はみんな大好きなので、エビが入れば必ず売れる」という提案から入れたらしい。カップヌードルに入っているエビは、そのために養殖場と工場を作り、生産しているらしい。このため、他のカップ麺のメーカーは、カップ麺のエビだけに関しては、日清社に敵わないらしい。

話がかなり脱線してしまったが、この「カップヌードル焼きそば」中身の具材がカップヌードルなのである。しかもソースではなく、オイスターソース仕立てというところがなかなか憎いところである。

カップヌードル焼きそば

カップヌードル焼きそば

ネギもたっぷり。1分という時間、焼きそばにとっては短くてよい。さらにもちもちした細麺、これもオイスターソース仕立てにとっては相性抜群である。

「これはうまい。」と思ったが、岡山のコンビニにはなかなかなく、通販で箱買いしてしまった。しかし、これは日清自身、社運をかけたとまでは言わないが、かなりの自信作ではなかろうか。なぜなら「カップヌードル」だから。

興味のある方は、以下のネットショップで購入してみてください。買い方としては、1900円以上で送料無料になるため箱+個別に3つ買えば、送料分支払わなくていいです。

日清 カップヌードル焼そば 106g×12個【合計¥1900以上送料無料!】

価格:1,536円
(2013/1/29 13:03時点)
感想(1件)




日清 カップヌードル焼そば 106g【合計¥1900以上送料無料!】

価格:138円
(2013/1/29 13:06時点)
感想(5件)




さて、カップヌードルに関してうんちくを語ってきたのですが、私が尊敬する人物のひとりが安藤百福です。

彼はチキンラーメンの発明者であり、これにより、日清食品を立ち上げた。会長になりながらも昼はチキンラーメンを食べ続けたとのこと。

亡くなる前日には仕事始めで立ったまま約30分の訓辞を行い、昼休みには社員と餅入りのチキンラーメンを食べたとウキペディアに書かれている。彼にとってのチキンラーメン、我々が単純におなかがすいたから食べる以上の思い入れ深い、なにか苦楽を共にした旧友のようなものではなかろうかと思う。

自分の発明したチキンラーメンが成功し、社長、会長まで上り詰め、死ぬ間際までそれを口にできたというのはなんと幸せな一生ではないかと思う。名前が百福だからだろうか。正月という時期もいいし、正月の仕事始めの訓辞を終えた後というのもいい。96歳という年齢も世間的な人生という長さにおいて十分長いし、急性心筋梗塞というあっという間の死に方もいいなあとつくづく思う。まあこれは、老衰で眠ったまま死ぬという次にいい死に方である。まさに大往生である。

「ドライブイン庭園」のラーメン 

近所に「庭園」という外観が喫茶店のお店がある。ところが壁に「ラーメン」と書いてある。「いつか行ってみなければ。」と思い、本日行ってきた。

中に入ると、喫茶店にしては、食事のメニューが多かった。

とはいえ、それほど期待せずにラーメンが来るのを待った。

庭園

「おやっ?」自称ラーメン評論家としては、出されたラーメンの外観を見て、「これは出汁がよくとられているではないかっ!」と思った。

しかも、メンマが筍の穂先の部分が使われているものであった。

普通に旨かった。しかも450円。これは鶏ガラだろうか。とんかつ定食やら、海老フライ、庭園ランチ、カレーライスなどあるが、このラーメン一つに絞ってもいいのではないかと思ってしまった。場所が住宅街の一角なのでこれも地理的には損である。また、うちのカミさんと行ってもいいなあと思うほどであった。


大きな地図で見る

つけ麺 六厘舎 

東京駅の地下街にラーメンストリートなるものがある。そこでひときわ長蛇の列ができるところ、それが「六厘舎」である。

自称ラーメン評論家としては食べてみなくてはならない。しかし、1時間2時間の行列を並ぶまでは食べたくない。

ところが朝は穴場である。すぐ食べることができた。「朝つけ麺」だったか。

六厘舎1

これ、標準に煮卵をトッピングした。標準にしてはヘビーである。麺はなかなかつるつるとしてうまい。関東の麺というのはしこしこごわごわなのだ。

しかし、朝からこれはかなりヘビーであった。

六厘舎2

しかしながら、「六厘舎のつけ麺を食べてみたい。」という方、朝が狙い目です。

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。