※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cygwin on Vista  

Windows Vistaを導入したもののcygwinの動きがいまいちだった。
X windowが動いたり、動かなかったりと、しつこくすれば動くといった、不安定な状態であった。

やっと、正常に動くようになった感じです。

cygwinをvista上で使うという人は、以下のことをしてみてください。

まず、cygwinをWindows上から実行すると、

mkpasswd -l [-d] > /etc/passwd
mkgroup -l [-d] > /etc/group

というような、メッセージがでます。これは、

mkpasswd -l > /etc/passwd
mkgroup -l > /etc/group

を実行してください。-dはNTドメイン環境のとき必要とか。とりあえず、実行してみてください。

これで次の実行から

ユーザー名:~$

だけがでてくると思います。

次にXの起動ですが、これだけだと、症状は変わりません。しつこくするとXが立ち上がるといった感じです。これは、まず、すべてのCygwinをたたんで

スタート->アクセサリ->ファイル名を指定して実行

を起動し、

ドライブ:¥cygwin¥bin¥ash.exe

を実行します。そこから、

ドライブ:/cygwin/bin/rebaseall

と実行します。わたしは、

/etc/X11/xinit/xinitrc

の中の最後の記述を

exec kterm -km sjis -sb -e /usr/bin/bash -l

としています。ここは、xtermでもいいと思います。

ここから、startx &を起動します。他のサイトでは、startxwin.shを推奨していますが、
startxで十分動きます。もう、つまずくことなくすいすいとXwindowが立ち上がると思います。

参考URL

http://oshiete.coneco.net/kotaeru.php3?q=1475751

http://www.tsunematsu.cc/2007/06/26/2027/
スポンサーサイト

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。