※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行(4日目) 


釧路の朝、車で展望台へと向かった。

釧路湿原
釧路の朝はどんよりとした天気だった。

朝食のパンを食べようと準備をして少し目を放した隙にカラスにパンを取られた。4つ中2つもとられた。残りの2つを食べ、塘路湖元村キャンプ場を後にして知床へと向かった。

塘路湖
塘路湖元村キャンプ場

途中、摩周湖へ立ち寄った。

摩周湖

「霧の摩周湖」として有名であるが、雲ひとつない晴天の摩周湖であった。晴れた摩周湖はあまり縁起がよくないことをよく言われるが、これは、晴れた摩周湖を見れなかった人のひがみではなかろうか。「地球は青かった。」に対抗して「摩周湖は蒼かった。」

次に、近くの硫黄山へと向かった。

硫黄山

ここで記念撮影をして

硫黄山記念撮影

硫黄の近くで写真を撮っていると、

硫黄のけむり

突然、雲隠れになってしまった。
さて、ちょうどお昼頃になったので「なんか近くに食べる店ない?」と聞いて妻に例の本から調べてもらった。





この本は本当に重宝した。道中、食事どころが詳しく書かれている。道中に「ザンギ」とかいう聞きなれない「食べ物」が載っている。単なる鶏のから揚げみたいだ。北海道に来てまで何で鶏を食べるのかと思ったが、どうも名物らしいのでそれを食べることにした。

「道沿いだから分かるだろう。」と思い車を走らせていたが、どうも通りすごしたと思いナビを使って検索した。やっぱり、通り過ごしていた。硫黄山に近く何軒か店が並ぶところで「三三五五」という店だった。私たち2人とも、どでかザンギ定食を頼んだ。

どでかザンギ定食
ザンギ

でかいから揚げ定食だった。食事をしていると電話がかかってきた。ライダーがやはり通り過ぎたようだ。おばちゃん曰く、「どうして、店の前を通っているのに気がつかないのだろうねえ。」我々2人は「この店はなかなか気がつかないよ。」と心の中で叫んでいた。

「ザンギというのは北海道では、鶏をざんぎりにしてから揚げにするからこう呼ばれるんだ。うちは、旨みを逃がさないように1枚肉で揚げているんだけどね。」と自慢げにおばちゃんは言っていた。そうこうするうちに「ライダー」がやってきた。メニューも見ずに

「どでかザンギ定食。」と一言。おばちゃん、「さっき、電話された方?ライダーはかならず、このザンギ定食を頼むんだよ。なんか雑誌に載ってんの?」と聞いてきた。ライダーは「はい、バイク雑誌に載っていますよ。」 私も「私も雑誌を見て食べに来ました。」と言った。これって、店側が「載っけて。」と頼むものばかりだと思っていたけれど。そうじゃあなかったようだ。「三三五五」の「どでかザンギ定食」北海道ではこれはお薦めです。

次に、向かったところは、温泉。ここら辺は温泉だらけである。屈斜路湖半のコッタロ温泉へ行った。

コッタロ温泉

コッタロ温泉

中央の岩の右側が男湯で左が女湯である。女湯は水着着用可である。妻はこれを見てかなり興奮したようであった。

コッタロ温泉 コッタロ温泉

この日は、日差しがきつく、上からも下からもあぶられる感じだった。でも天然露天風呂はかなり満喫できた。ここは「無料」である。目の前に湖が広がりかなり開放的である。

温泉に入った後、後は知床へ向けて出発した。

北海道平原

延々と続く平原。でも、このとき、私は運転を代わってもらって寝ていた。(車の運転ありがとう。)

知床に入ると「オシンコシンの滝」に立ち寄った。

オシンコシンの滝

ここから、今日泊まる「知床自然村」のキャンプ場はもう近い。魚屋に立ち寄り、タラバガニ、ホタテ、ウニを購入した。ホタテもウニも殻つきで生きていた。キャンプ場は入り口で鹿が出迎えてくれた。

知床自然村のシカ

知床自然村はオーシャンビューが広がり、炊事場はお湯も出る。コインランドリーも完備であった。ただ、テントを張る地面は鹿のフンだらけで、気をつけないとテントにフンがべとっとつきそうな感じであった。本日の夕飯は、生ウニ、焼きタラバ、ホタテの刺身であった。

エゾバフンウニ



スポンサーサイト

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。