※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞について 

一晩中泣き明かした30歳若手女性研究者と書く我が国にはゴシップ新聞しかないらしい

この記事は、日本の報道は海外と違い、彼女の業績をたたえるものではなく、「性差別」による彼女の紹介が問題だというものです。

確かに、「リケジョ」とか「ムーミン」とか「ピンク」とかそういう紹介しかないのは問題かもしれませんが、私個人の意見としては、そんな発見者の人物像はどうでもよく、それよりも発見自体が「脅威」に感じられました。

今の時代「物理学」というものはある程度、行き詰っています。19世紀終わりから20世紀初めまでにかなりのことが分かりました。そこから先を見ようとするとき、ものすごい「エネルギー」が必要となり、そのエネルギーを費やしたからと言ってもほんのちょっとの見解しか得られないのが現状です。(ヒッグス粒子がいい例です。)

その最先端の物理学と違って「生命科学」というものは、ちょっとメスを入れると多くの知見が得られるような状況になっていると思えます。


このような発見から、「今の時代では治らない病気も組織を培養して移植すれば治る可能性がある。」と簡単に報道されています。

このように簡単に言っていますが、近い将来、多分実用化されるであろうことは、「動物を殺して肉を取ってはいけない。動物がかわいそうだ。」ということで、肉だけが育つ細胞が開発され、それを人工培養して出荷するというようになるのではないでしょうか。

医学の面でも、癌細胞で冒された組織は切除されそこに組織培養した組織を移植するようになると思います。これらの組織は、胃、腸とかの消化器系に留まらず、心臓までも開発されるかもしれません。

さらには、いつまでたっても老化しない体が開発され、クローン人間も出てくるかもしれません。

とどのつまりは、「死なない体」を人類は手に入れるかもしれません。

こうなってしまうと、今までの宗教観とか倫理観はどうなるのか。と思ってしまいます。

今ですら、個人的には文明が進み過ぎていると思うのですが、「近未来に生まれなくてよかった。」とも思ってしまいます。
スポンサーサイト

カエルCM中止 

<キリン>チューハイ「カエルCM」中止 未成年飲酒誘発?
毎日新聞 1月24日(金)7時30分配信

 キリンビールは23日、カエルのキャラクターが登場する缶チューハイのテレビCMを中止することを明らかにした。外部から「キャラクターを使った表現方法が未成年者の関心を誘い、飲酒を誘発しかねない」との指摘を受けたため。

 放送を中止するのは、17日に開始した缶チューハイ「本搾り」のCM。スーツ姿のカエルのキャラクターと俳優の大沢たかおさんの掛け合いで商品をPRする内容で、当初は26日まで放送し、その後、続編も計画していた。

 20日にアルコール問題を扱う団体から指摘を受け、25日から中止する。カエルの声優を当てる31日までのキャンペーンも、予定を繰り上げて24日に終了する。

 キリンは「指摘を真摯(しんし)に受け止めた。CMに関する社内基準を厳しくして再発防止に努める」と説明している。【横山三加子】

まるでバカである。カエルが広告しようと赤ちゃんが広告しようと「20歳までは飲酒禁止」は常識であり、カエルが広告しているので未成年が飲むかもしれないなど、知ったこっちゃない。

渋いおっさんが宣伝しようがなにしようが、ワルは飲む。ただこれだけである。

昨今、ゆるキャラブームが流行り出しているのでカエルのキャラクターを出しているのであろう。

この「ゆるキャラ的キャラクター」は子供向きのものであろうか。「くまもんかわいいー」とかほざいている若いネーチャンも二十歳を超えている。案外「アラサー」かもしれない。

よって、チューハイのCMにカエルを使おうが何しようが実質関係ないことである。こういうことを言う輩自体が今の現状を知らずにほざいているだけのことである。

こういうことは、昔の時代も言われ続けてきたことである。「8時だョ!全員集合」の頭の固い連中から「低俗番組」と言われ続けてきた。

しかし、昔と今で何が違うかと言えば、「番組の提供側、スポンサーが折れてしまう」ことである。批判されてもドリフはやり続けてきた。今になって彼らの評価は非常に高い。こういう根性が今の企業には無いのか?

そうまでして、世間の評価が気になるのかね?

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。