※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家電の買い時 

エアコンは、冷房(木造和室目安)20畳、冷房(鉄筋洋室目安)30畳、暖房(木造和室目安)17畳、暖房(鉄筋洋室目安)21畳という一番大きいタイプから選んだ。

昨日も書いたが、日立 イオンミスト ステンレス・クリーン 白くまくん RAS-S71Z2を選んだ。日立はもともと鉱山で使う電動機などを販売して、会社を興した企業である。ということで、モーター、コンプレッサー類には自信のある企業だと思っている。

よってあえて、日立のエアコンを選んだ。このRAS-S71Z2、実は、もうそろそろ、新機種が発売になろうとしている。(もうなっているか。)型番は、RAS-S71A2である。

期間消費電力量も、若干下がっているが、最大の特徴は、センサーが「見る」だけではなく、「聞く、感じる」センサー搭載である。1月上旬販売予定らしい。もう売り出されているのかどうだかであるが、「問い合わせ」という状態である。しかも価格は最安値で318000円!!!

センサーごときが、ちょっとゴージャスになったくらいなのであまり魅力は無い。

最近の傾向であるが、モデルチェンジの周期が早すぎる。大した変更もしていないマイナーチェンジというものである。

企業側がしたくなるのもわかる。時間が経てば、値段がどんどん下降してくるのである。よってある程度の価格を維持するためにはマイナーチェンジを繰り返して新発売価格を釣り上げるのである。

上記エアコンにしても、RAS-S71Z2は、184800円で、新機種RAS-S71A2は、318000円である。

性能的にはほとんど同じレベルなのに価格は倍ほど違うのである。こういう時期の旧式タイプを買うのは、ちょっと考えて買わなければいけない。

「新発売が出たのだから、価格は大暴落するだろう。それを見越して買ってやれ。」と思っていると、買えなくなってしまう。

現に、RAS-S71Z2については、価格.comに掲載されているショップは5つのみ販売している状態である。数日前は、もっとたくさんの店が売っていたように思う。

こういったネット通販、在庫を抱えそれを売っている店と、注文が来た後、メーカーに発注する店がある。
後者の場合のほうが、メリットは大きい。つまり、お店として在庫をかかえる倉庫がいらない。こういった在庫をある程度確保するにも倉庫の賃貸料が発生するのでこれを省くことができるのである。

よって、RAS-S71Z2に関して、価格.comに掲載されている5つのショップは、独自のあるいは賃貸している倉庫を持っているショップだと思われる。倉庫を抱えていない店は、メーカーに注文しても「販売は終了しました。」と突き返されているのであろう。しかしながら、日を追うごとに販売する店は少なくなると思われる。

エアコンではないが、ネットブックで過去に最安値の値段の動向を調べていたことがあった。新発売機種が出て、旧機種の数が少なくなってくると最安値はだんだんと上がっていったのである。新機種の値段は徐々に暴落していき、最終的には旧機種のほうが最新機種よりも値段が上がってしまった。

これは、特殊な場合だが、新発売が出てきたから旧機種は安くなると思っていると大損をする。(大概の場合は、突然、販売中止になると思われる。)




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1024-96716cc1

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。