※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりプロジェクト発動!!(住み心地、経過報告) 

引越しの荷物も整理が終わりつつあります。

住み始めてから、数日が経つのですが、住み心地はと言うと・・・・、

実にいい。です。

家中、だいたい20度ぐらいで落ち着くようになりました。低くても18度以上は確実にあります。リビングにはちょっとファンヒーターを焚けば、ちょうど居心地のいい温度になります。

吹き抜けを設けるとやはり暖気は上へ行くようです。湿度も低くて40%、どういうわけだか寝室は60%を保っています。「高気密、高断熱は過乾燥になりやすい。」と聞いていたのですが、それほど乾いた感じもないようです。

世間では、床暖房が注目されていますが、蓄熱暖房機、これいいです。

我が家では、蓄熱暖房機ユニデールVUEi 50Jを使っています。

設定温度20℃としていますと、深夜になってもなかなか蓄熱が始まりません。夜でも熱がかなり余っている状態です。昨夜は設定温度を22℃にしてみました。これは、室温が22℃になるまで足元のファンが回るというものでエアコンの設定温度とは少し意味合いが違います。

全館冷暖房ができるかどうか、疑問だったのですが、ほぼ予想通り全館暖房ができているようです。自分自身の計画に対してこれならば合格と言えそうです。

吹き抜けには、輻射熱の暖房器具、シーリングファン、そして家自体の気密、高断熱をよくよく計画して実行することをお勧めします。

家庭用のエアコンでは、家は暖まりません。

家の動線も非常にいいです。私は起きたら、寝室で着替え、トイレに行き、そして1階へ降ります。出勤に行くとき玄関のクローゼットでジャンバーを着て行きます。これもスムーズに流れます。

快適な我が家ですが、唯一難点と言えば、エコキュートです。

エコキュート

写真のように水が漏れています。実は、引越し前に作業員が来ております。引越し後も作業員が来てこの有様です。

妻は、「あの商品自体のあたりがわるかったのよ。」と言いますが、あたりが悪いでは済まされません。これ自身、工事費込みで60万もするものです。

お引き渡しの時にエコキュートの説明を受けました。その際、「ブレーカーを落とすな。」の説明は受けていません。引越し後から住み始めるのでそれまでは電気の節約のためにとも思い、ブレーカーを切っていたのです。

ブレーカーを入れ始めたのは、引越し前に作業員が来たときに凍結防止のためにと聞き、そこから入れ始めています。

「冬場は凍結のためにバルブがどうのこうの・・・。」と言われ、「ここまでのバルブは変えたので次の原因はあそこだろう。」という言われ方をされますが、私たちにとって、使い始めて数日しかたっておらず、これは明らかに初期不良というようにとらえてもいいと思います。どうも作業員の人、売ってしまえば、もうそれまでという態度です。

今度、修理をしてダメならば、商品一切合財交換してもらおうかと思っています。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1035-5477d40d

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。