※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金問題 

いつも、ニュースになるのが年金問題である。

この根本的原因は、国民が長寿になりすぎたというのが一番の原因だと思われる。一昔前までは、

国民の積み立てたお金 > 国民に支払う額

となっていた。というのも平均寿命が短かったからである。しかし、そういう状況だったので社保庁もええ加減な管理運営で何とかなっていた。

しかし、そのずさんさがばれだしたのも上の不等式が成り立たなくなったためである。

政治家というのは、バカである。今問題となっているのは、「前までサラリーマンであった人が厚生年金を払っていた。サラリーマンを辞めて自営業をしだす。このとき、国民年金に入るのであるが、奥さんは入っていなかった。この奥さんに年金をもらっている人ともらえない人がいる。」という問題である。

結論から言うと、「払っていなかった期間を考慮して減額支給すればよい。」と当然のことをすればよいだけのことと思われるのだが。

過去の官僚たちがいい加減なことをしていたがために今年金を中心とした財政難に遭遇している。

こういう事態にも関わらず、民主党の政治家たちは「バラマキ政策」をどんどんと進めているのである。

まず、子供手当、速攻でやめるべきだ。竹中が言っていたが、「3人子供を持ち15年間、子供手当を貯金すれば地方では家が建つ。これは国が国民に家を提供しているようなものだ。こんなことをしていれば・・・・・。」といったいた。この子供手当、どういう意味があってやっているのかわけわからない。

経済を活性化させるためには、与えられたお金以上に各家庭での出費を増やす必要がある。ほとんどが貯金をしているのであろう。

これと同様に、家電エコポイント、住宅エコポイントこれも無くしたほうがよい。(もらったが。)金があるから家を建てるのだ。何も金のあるものにさらに褒美を取らす必要もない。家電エコポイントにしても同様である。

地デジにしなければならない日が近づいている。否が応でも地デジ対応テレビにするはずである。買ったものに対し、さらに褒美を取らすとは何事か。車のエコカー減税等も同様である。

高速道路無料化、これに関しても無料にする必要は全くない。高速道路の維持運営費ぐらいは稼いでもらわなくては困る。この分まで国民の税金を使う必要はない。ただ、高速道路が安いと国民が車でいろいろと旅行をしだすのでこれはこれでかなりの経済効果が期待できる。毎日いつでも一区間乗り放題1000円にするべきだ。

高校無料化、これもする必要はない。減額すればいいだけの話である。これだけでも国民は嬉しいはずである。

民主党政権というのは「無料化」とか「みんなに平等に与える。」ということに凝り過ぎている。稼げるところでは無料にしなくとも格安にすべきである。また、みんなに平等にという考えもおかしい。金持ちに与える必要は全くない。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは

エコポイントって国民のためのモノでは
ないですよね。
絶対、地デジにしなければならない理由も分かりません。
結局、国民に、お金を使わせたいだけでしょ?
すべては税金のために。と、考えたくなります。
エコポイントを付けるくらいなら、その金額分
安くしてくれた方が皆さん、嬉しいでしょうに。

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

その通りだと思います。例えば、住宅エコポイントは、30万円分支給されましたが、それを支給するために職員を使い、事務作業をし、郵送をしと手間がかかります。

国が30万円分を商品(券)に変え、国民がまた現金化する。こういうことを考えるといっぱい「ムダ」が生じてきます。これらを考えると、30万では済まなくなる。30万を支給するのに30万以上かかっていると考えられます。

金額分を単純に割り引いたほうが合理的だと思います。

ていうか、今このように流暢に考えている場合ではないですね。東北の復興、どうなるのでしょうか。
かなり、多額の税金が使われそうです。結局、造幣するしかないのかなあとまで考えてしまいます。

これから、物価高になるのではないでしょうか。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1050-f975c98f

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。