※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール電化 

我が家は、「オール電化住宅」です。オール電化とは、IHクッキングヒーター、エコキュートなどこういった光熱費をすべて電気でまかなう住宅です。

オール電化住宅でなくとも、テレビ、ビデオ、エアコン、プリンタ、最近では電灯。これらに共通することは、待機電力で動くものです。リモコンを使ったり、プリンタは無線LAN仕様なのでこれも、いつでもどこでも打ち出しができるようにスイッチを入れっぱなしにします。

これらの家電、待機電力といっても毎時数ワットなので大して電力を食いません。リモコンを付けている時点でそういう仕様にしています。

こういった時代なのにいきなりレンポーは「こまめに節電することがこういった事態には必要です。」と訴えかけています。別に、コンセントをいちいち抜いたぐらいで抜本的解決はならないだろうにと思います。これは、単なる精神論だと思います。

オール電化にしたり、全ての家電製品がリモコン操作にできるようにしたのは誰の仕業だ?と言いたくなります。
まず、「全ての家電製品がリモコン操作にできるようにした」のは、企業ですが、より便利にしていった結果だと思います。

最近のエアコンなどのうたい文句は「10年前のエアコンよりも1/??の電力で済みます。」であります。ここでリモコンを使ったとしても昔よりずっと消費電力が低いのです。

資本主義だからこそ、主要な電力は抑えて、さらに使い勝手は快適にしています。

政府は全く勝手です。緊急事態になったから節電をしなさい。とか言っていますが、日ごろからそんなことはまったく言っていないです。ある日突然、言い出します。

そもそも、「原子力発電は安全」といい、オール電化住宅を推進してきたのは電力会社です。それを後押ししていたのは、政治家です。

「ガスよりも電気」を推し進めてきたのも、電気を使ってくれる方が、家電メーカーが潤います。また電気を使ってくれれば当然、電力会社も潤います。

そういう風に、オール電化住宅を推し進めてきたくせにある日突然、節電しろ。というのは、ちょっと調子が良すぎます。

原子力発電も結局安全ではなかったことが明らかにされました。

今の政治家は、本当に「アホ」です。勝手に、ホウレンソウなど出荷停止の措置を取りながら、風評被害を気にしています。

そもそも、都内で買占めが起こったのも、政府を中心にマスコミまでも大いに不安をあおったからであります。
そのくせ「買い占めないように。」と呼びかけてもそれをさせたのは政府の不安をあおるような演説でそうなったのです。

ホウレンソウなどの葉物の野菜については、今のところは安全です。ホコリをきれいに水洗いすればこれが除染になると思います。

問題は、牛乳でこれは、放射能を浴びた草を食べて濃縮された恐れがあります。

とはいっても、その濃度がどれくらいの放射能かを数値ではなくて具体的に示せばいいと思います。(たとえば、CTスキャンに当たった時の何分の一とか。)



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1056-a896090c

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。