※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小出氏、4月18日の話 

冷温停止に6~9カ月 東電、福島原発事故収束へ工程表

東電は、2段階で、「放射線量の着実な減少」に3カ月、その後「放射性物質の放出を管理し線量を大幅に抑える」のに3~6カ月かかるとした。と発表した。



小出氏はあっさりとできないと思いますと否定した。

たとえできたとしても、少なくとも30年~40年は原発周辺、および飯舘村には住めないと思う。いや住めない。菅の発言「20年住めない」は波紋を呼んだが、実際その通りである。現にチェルノブイリ周辺では今もなお人は住んでいない。東電の発言で、地元住民が1年ぐらいで故郷に帰ることができると考えていると思うと気の毒である。

原爆が投下された広島では3日後に路面電車が走り始めた。と記事に書いてあったが、広島原発がまき散らした放射性物質の量と福島の量を比較すると、圧倒的にというか、何十何百倍も福島の方の量が多いのである。

福島原発の10km~20kmぐらいのところでは、野良犬や牛がいた。彼ら、これからどのようになるのであろうか。
癌になって死ぬもの、奇形の子供を生むものが出てくるだろう。植物の方が奇形腫を生む可能性が多い。

少なくとも、東電の息の掛かっていないマスコミがそれらを報道するであろうかと思われる。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1089-dd6a8252

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。