※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発絶対反対!!(東北復興) 

本日、ニュースで、ゴールデンウィークなのに東北の観光地はガラガラというニュースをやっていた。

お土産屋で笹かまぼことかを買っている人がいたが、客も本当にまばらである。

ニュースでは、津波のせいになっているが、本当は違う。みんなそんなことは薄々感づいている。

東北地方の被災地、風邪の季節でもないのにみんなマスクをしている。

東北地方へみんな行かない、旅館に宿泊したくないのはズバリ、放射能汚染を避けているためである。もしも、津波だけの被害ならば、日本人はお人よしなのでみんな東北へ旅行へ行くであろう。旅行することが被災地への支援に直接つながるからだ。報道が煽ればなおさらである。芸能人の旅番組でもあまり、東北地方のものがないようである。レポーターも東北は行きたくないだろう。

笹かまぼこだって食べたくない。その原材料とか、三陸沖で取れた魚なら最悪である。旅館に宿泊したくないのも地元の鮮魚などを出されると厭だからである。もし、彦麻呂がレポーターで三陸沖魚介類を食べたらなんというであろうか。「食べた瞬間、口の中が水蒸気爆発や~」とか「味のレベル7や~」と言ってくれれば面白い。(多分レポーターは首になるだろう。)

さらに、千葉の潮干狩りも昨年の風景とまったく違っていた。ゴールデンウィークの潮干狩り、人人であふれかえっていたのだが、今年はまばらである。

みんなよく知っている。近海の泥などに汚染物質が混入している可能性が大で、貝などその泥の中で生活しているのでそのようなものを食べると人間まで被ばくする。

海藻も今のうちは避けた方がよい。放射性のヨウ素を甲状腺に蓄積させないために前もってヨードの多い食品をと考え、最近のワカメなどを食べるものではない。東北地方の沿岸、もっと警戒するならば、海流などの影響も考えると太平洋側のワカメは、放射性物質のヨウ素を蓄えこんでいる可能性がある。

日本海側、あるいは今の場合、中国産の方がましである。

今、買ったワカメ昆布などは、2~3ヶ月後ならば、放射性ヨウ素の影響は消える。なぜならば半減期が8日だからである。乾燥ワカメ、昆布などは2~3ヶ月後に食べるようにした方がよい。しかし、セシウムは消えないのでその覚悟を。また、報道ではあまりされていないがストロンチウムが混入されているかもしれない。

セシウム、ヨウ素は揮発性なので気体になって、ばらまかれている。ストロンチウムは気体にはならない。よってどれほどの汚染水を海に垂れ流しているのか知らないが、ストロンチウムが海に流れ出している可能性はある。

ストロンチウムは骨にたまり、骨の癌になるらしい。

とりあえず、報道をあてにしてはならない。こっそりと流している可能性大である。最近、農産物および魚介類の原発関係の話題が出なくなった。理由は簡単である。
まず、農業、漁業関係者からそういう報道はするなと政治家に訴えかけている。さらに、検査をすると出荷停止になるのでなるたけしたくないというのが本音であろう。政府関係者も「見て見ぬふり」をしているかもしれない。
最悪の場合、産地偽装もしているかもしれない。売れないからだ。これも「見て見ぬふり」をするだろう。

なぜなら、こういうことを摘発すると、「放射能をばらまいたのは誰だ。このために風評被害をこうむったのだ。政府弁償しろ。」ということで、分かってきちんとしたことをすると、被害をこうむるのは国だからである。

子供の被ばく量を年間20msvにしたのも意味がある。もし従来通りの規定地にするならば、東北地方で住むところがなくなってしまうからだ。

逆に言うと、政府は具体的に公表していないが、それくらい広範囲に東北地方が汚染されているということである。政府は、なるたけ保証を少なくするように基準値を上限に持ってきているのである。

自分の身は自分で守る以外ない。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1111-378628e8

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。