※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発絶対反対!!(上限200ミリシーベルト) 

学校放射線基準は「安全でない」 ノーベル賞受賞の米医師団 (共同通信)

 福島第1原発事故で政府が、福島県内の小中学校などの屋外活動制限の可否に関する放射線量の基準を、年間20ミリシーベルトを目安として設定したことに対し、米国の民間組織「社会的責任のための医師の会(PSR、本部ワシントン)」が2日までに「子供の発がんリスクを高めるもので、このレベルの被ばくを安全とみなすことはできない」との声明を発表。PSRは1985年にノーベル平和賞を受賞した「核戦争防止国際医師の会」の米国内組織。声明は、米科学アカデミーの研究報告書を基に「放射線に安全なレベルはなく、子供や胎児はさらに影響を受けやすい」と指摘。「年間20ミリシーベルトは、子供の発がんリスクを200人に1人増加させ、このレベルでの被ばくが2年間続く場合、子供へのリスクは100人に1人となる」として「子供への放射線許容量を年間20ミリシーベルトに引き上げたのは不当なことだ」と批判した。

この記事は、世間の衝撃を生むであろう。結局こういうことなのである。国は、児童を守るという観点から20ミリシーベルトを定めたものではなく、これくらいの上限なら、国民を移動させないで済む、あるいは、給付金がいらないという観点から、20ミリシーベルトを定めたのである。

さて、原子力安全委員会はそもそも、原子力阻止派である。しかしながら、原子力委員会、原子力安全委員会、原子力安全・保安院全て、推進派である。

また、原子力安全委員会委員長は班目(まだらめ)春樹は、デタラメハルキとあだ名がつくほどの人らしい。
デタラメハルキは、菅とヘリコプターで上空視察の時、「ちょっとやそっとで爆発しませんよ。」と言ったのち、爆発した。あだ名がまさに人物を物語っている。このような人に「上限20ミリ」と言われても納得ができない。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは

ヒトが一年間に浴びて大丈夫な数値が
確か1ミリシーベルトでしたよね。
チェルノブイリの二の舞にならない事を
祈りたいですが・・・・・
いきなり20倍なんて無茶にも程があります。

コメントありがとうございます。

かかずユキさん、コメントありがとうございます。

福島の問題の時に、ビンラディン殺害・・・・。

菅、枝野、東電、ちょっとホッとしているのでは?

マスコミも全くダメですね。最近、汚水処理がどうなったかという情報が聞こえていません。
このビンラディンの前は、イギリスでの結婚式と・・・。

事件を風化させようとしていると思います。5年~10年後、福島の子供たちの甲状腺癌も報道されないのではないでしょうか。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1113-1bab547f

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。