※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべし、八木・宇田アンテナ!! 

世間では、「八木アンテナ」の名称で通っているが、実際は、宇田の功績も大きく、最近では、「八木・宇田アンテナ」と呼ばれることが多いらしい。

本日のブログ記事は、TVアンテナを発明した八木秀次博士が設立した会社のWebショップの紹介である。

まず、開発者の八木秀次博士について、そのバックグラウンドを振り返ってみたい。

この「八木・宇田アンテナ」について、これがどれほど素晴らしいかということをwikipediaから抜粋する。

『欧米の学会や軍部では八木・宇田アンテナの指向性に注目しこれを使用してレーダーの性能を飛躍的に向上させ、陸上施設や艦船はおろか航空機にもレーダーと八木・宇田アンテナが装備された。しかし日本の学界や軍部では敵を前にして電波を出すなど暗闇に提灯を燈して位置を知らせるも同然と殆ど注目されず、その存在を知る者も殆どいなかった。そのため1942年に日本軍がシンガポールの戦いでイギリスの植民地であったシンガポールを占領した際にレーダーとその技術書を発見したが“YAGI”という意味不明の単語が頻繁に出てきており、例えば「送信アンテナはYAGI空中線列よりなり、受信アンテナは4つのYAGIよりなる」と言った具合にこの技術書の中に至るところにあった単語“YAGI”の意味を解らず「ヤギ」とも「ヤジ」とも読めるし理解には至らず捕虜のイギリス兵に質問したところ「…本当に知らないのか?」とこのアンテナを発明したのが日本人だと教えられて驚嘆したと言われている。この3カ月後のミッドウェイ海戦で、米軍は八木アンテナによって日本の連合艦隊に大損害を与えた。更には後にアメリカ軍が広島と長崎に投下した原子爆弾にも、最も爆発の領域の広がる場所を特定する為に八木の技術を用いた受信機能が使われていた事が明らかとなっている。
2010年現在においてもこれほど汎用性が高く、抜群の精度を誇るアンテナは開発されていないと言われる。』

私自身、八木アンテナのこの逸話はおぼろげながら知っていた。「日本人が開発したものを日本が認めず海外が認めていた。」ということである。戦時中も、今も状況は一緒かもしれませんね。よく評論家が「欧米では~。」とか「アメリカでは~。」と言うが、自国のことに目を向けよということである。上層部のお役人やインテリばかりではなく、我々国民もよく似た性質なのだけれど。「政府が言うことだから間違いない。」とか「東大の先生の言うことだから間違いない。」とか、こういう体制だとバカを見るのが自分自身だってことですね。

さらに以下書くことは、私自身も知らないことであったのだが。とりあえず、重鎮たちを赤字にしておきます。

『大阪帝国大学の初代総長であった長岡半太郎の要請により大阪帝国大学に移籍。大阪帝国大学の理学部物理学科の初代主任教授となる。
菊池正士の原子核物理研究を主任教授として予算的にも人的にも支援した。 講師として在職していた湯川秀樹を叱咤激励し、それが後にノーベル物理学賞を受賞する中間子論に関する論文につながったとされている。』

『八木はレーダー開発など立ち遅れていた日本の科学兵器開発を指導するため、海軍の永野修身軍令部総長の推薦を受けて技術院総裁に就任した。内閣技術院の総裁である八木自身も熱線誘導兵器の研究を推進していた。因みに同研究は技術者の井深大と海軍技術将校の盛田昭夫が出会い、戦後ソニーを創業するきっかけとなった。』

『直接の弟子でなく面識もない江崎玲於奈西澤潤一を学士院賞に推薦した。晩年に至るまで学術の情報収集を欠かさず、人材の発掘・育成に尽くした。』

誰か、この八木秀次でドラマ作ってよ。この人、かなりの偉人じゃあないですか。すぐにでも伝記を読みたいくらいです。この人でドラマを作ったら、ヒット間違いなしですよ。ていうか、これほどの人なのに世間一般の認知度がひくすぎぎじゃありませんか。NHKの大河ドラマ制作担当の人、坂本龍馬の次は、八木秀次で決まりです。

八木秀次博士が設立した会社のWebショップ、八木アンテナ.shopですが、このサイトから、「八木・宇田アンテナ」を購入することができます。

地デジアンテナなら、八木アンテナ.shopから、八木アンテナ、「UWPA」「DUCA」「E-LEAF」などスタイリッシュなアンテナをラインアップしています。

私の個人的な意見では、地デジアンテナなら「DUCA」をお勧めしたい。従来の八木アンテナには申し訳ないが、最近は、屋根に取り付けるのではなく、家の壁に取り付ける家が多い。

その場合、アンテナの志向性が問題となり、なるべく、放送電波の中継局に向けるようにする。私は某アンテナ会社の長方形の箱のようなものを取り付けた。もちろん指向性は、長方形の大きい一面である。

ところが、八木アンテナのDUCAは、ほぼ360度の感度を持っている。もし、この記事を書いたのちにアンテナを購入するなら、このDUCAを購入していただろう。

なお、業者の方へは、業者会員登録で特別な価格をご用意されています。

地デジアンテナなら、八木アンテナ.shopをどうぞ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1150-0c94efd8

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。