※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保安院、というか原子力関係者全てクビにしろ!! 

先ほども「昼メシ」を食べてきたところだが、「米は岡山県産を使っております。」と書かれていた。

風評被害ともとれるが、実際、福島県産が出回って、セシウムが検出されたりしているので、風評被害ではない。

東電のおこした原発事故、この損害はどれくらいであろうか。こういった食品関係だけでも被害は甚大である。

先週も焼き肉屋に言ってみたが、客は我々一組だけ。ユッケ事件から始まり、福島牛が全国に出回ったため、国民が焼き肉屋へ行かなくなった。これも東電の原発事故の被害である。

原子力安全・保安院 全員クビ退職金ゼロにしろ (ゲンダイネット)

 コイツらはどこまで腐り切っているのか。中部電力に「やらせ質問」を要求していた経産省の原子力安全・保安院。立て続けに、四国電力や九州電力にも裏工作をしていたことがバレた。ここまでくると、立派な“犯罪者集団”だ。保安院の寺坂信昭院長(58)は会見で、「第三者委が検証する」を連発したが、こんなデタラメ組織は即刻解体が当たり前である。

<原発の監督どころか住民の言論封殺>

「質問が反対一色にならないよう、質問書を作成し、地元の方に発言してもらうように」――。

 中部電によると、07年に国が主催したプルサーマル関連のシンポジウムを前に、保安院からこんな指示を受けたという。中部電は「法令順守に照らして拒否した」とエラソーに言ったが、社員や関連企業に動員をかけたことは認めた。結果、会場は“関係者”が埋め尽くし、プルサーマルの賛否を問うアンケートは「賛成」が8割に上った。

 四国電も06年に、九電は昨年、保安院のやらせ質問や動員要請に応じていた。そもそも、保安院の指示の有無にかかわらず、電力7社すべてが説明会に動員をかけていたというから、もうメチャクチャ。コイツらみ~んな、“同じ穴のムジナ”だったのである。

 霞が関の不正を追及するジャーナリストの若林亜紀氏が憤慨して言う。

「電力会社は言うまでもなく、監督機関である保安院が国主催のシンポジウムでやらせを指示していたとは許し難い事実です。これでは国を信頼できなくなる。06年には小泉内閣のタウンミーティングでやらせが発覚して大問題になったのに、どういう神経をしているのか。タウンミーティング室は閉鎖されましたが、保安院も解体して、当時の責任者を免職、降格、退職金も含めた減給にすべきですよ。そもそも、民間基準で考えれば利益相反行為や職務専念義務違反で全員がクビ、懲戒免職で退職金もなしが相当なのです。絶対に許してはいけません」

 05~07年に院長を務めた広瀬研吉氏(63)は、大学教授に天下りした揚げ句、チャッカリ菅政権の内閣府参与におさまっている。経産省事務次官の松永和夫氏(59)も院長の経験者だ。どう責任を取るつもりなのか。

「それでなくても、経産省は不祥事続きです。先月は資源エネルギー庁の幹部によるインサイダー疑惑が噴出。原発事故後、報道担当官を務めていた保安院の西山審議官は、不倫路チューがバレてスポークスマン役を更迭された。その代役に立った森山原子力災害対策監は、問題となった中部電力のやらせシンポジウムに保安院の安全審査課長として出席していた。『記憶にない』と言っているが、彼も更迭されるのではないか」(霞が関事情通)

 保安院の薄汚さは枚挙にいとまがない。国際原子力機関(IAEA)から組織の評価を受けた07年には、「産業界と一定の距離を保った関係を築くべきだ」などと問題点を指摘されながら、好意的に評価された部分だけを和訳して公表していた。

 官房付に更迭された改革派の古賀茂明氏が、日刊ゲンダイ本紙連載を含め各メディアで経産省の腐敗ぶりを暴き、追及しているが、本当にどうしようもない組織だ。原発事故後の数々の情報隠蔽も、東電とグルだったんじゃないかとうたぐりたくなる。

 この組織には「解体」以外の選択肢はない。

(日刊ゲンダイ2011年7月30日掲載)


こういう記事が見つかった。「やらせ」である。さらに以下の動画もどうぞ。(一つ目は延々と沈黙が続くのでさっさと早送りしましょう。)






※自作pcに興味のある方は、「自作pc 俺ならばこれを買う。」をどうぞ。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1178-0405a7d3

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。