※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクトビラにモノ申す。 

ソニーのブラビア40型、KDL-40NX720を購入、毎日見ているわけです。

この機種は、無線LAN内蔵で、早速ネットとつなげて見ております。

さて、クレジットカードから引き落としで、自宅に居ながら映画を見ることができるアクトビラで、「踊る大捜査線」を見てみました。

ちなみに630円かかりました。

さて、我が家はADSLなのですが、アクトビラの「HD」というタイプを見ようとしたとき、途切れ途切れになってしまいます。映像よりも音声のほうが重要ですね。根性で見ましたが、話が8割ぐらいしか理解できませんでした。

ドラマの中には、HDにするか、普通のタイプにするか選択できるのですが、最近のものはHDばかりです。

なぜこんなことをブログにするのかと申しますと、光にしろ。という無言の圧力を感じてしまうのです。

インターネットなど、もともと情報が得られれば良いわけで、例えば、10Mbpsなど、一秒間に10枚分のフロっピーディスクの情報が流れてそれを受信しているわけです。一般にこの情報量で充分なのです。

鮮明な映像を見せるためにそのデータ量では不足で、もっと大容量のデータ通信設備を整えなさいと言っているのです。鮮明な映像を自宅のテレビで見たいわけでもなく、ストーリーが分かれば十分という聴衆も多いはずです。
もし、鮮明な画像が見たければ、映画館まで足を運びます。いくら鮮明と言ったって、映画館には負けます。家庭のテレビではせいぜい30~40型ぐらいですから。

私がここで腹の立つのは、アクトビラはNTTとつるんでいるのではなかろうかと思われることです。

「しかたない。見えないから、光と契約しよう。」と思わせているのではなかろうかというそぶりが見えます。

なんか、こういう大企業が大衆を小バカにして操作しているのに腹が立ちます。

ネットで映像配信したいなら、高画質のバージョンとちょっと画質を落としたバージョン2つを用意し、選択できるようにしろ!!!と言いたいです。

そういえば、昔こういうのがありました。NHKの放送で「続きはBSでご覧ください。」と言ったところ抗議の電話が一斉に来ました。こういうことが、このネット配信映像の世界にも見られるのです。

ゲオで旧作、準新作が50円でした。アクトビラの諸君、「いずれは、ネット配信に移行するだろう。」とタカをくくって、光にするように聴衆をそそのかし、企業努力をしないならば、ゲオやツタヤに負けてしまいますぞ。

現に「もう利用するものか。」と考えている聴衆がここに一人おりますので。


ソニー 40V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)3D BRAVIA KDL-40NX720

新品価格
¥93,800から
(2011/8/18 14:32時点)



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1189-e8c437d1

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。