※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器、NEOSご契約有難うございます!! 

先日のブログ記事で、『放射性物質も除去可能な浄水器「NEOS」』を書きました。

その記事からでしょうか、読者の一人が契約をされました。有難うございます。

とこのようにお礼を言いながら、なぜか腑に落ちないのでこのように記事を書いています。

本来、何もこのような事故がなければ、このような浄水器NEOSは売れません。

放射能測定器【ガイガーカウンター】も売れません。このようなもの、一部の放射線従事者、または、医療従事者が個人で持つものではなく施設に置いてあるものです。

電力会社、政府は何をしたかを考えてみたいと思います。「絶対安全」といいながら強硬に原発を作ってきました。
その地元民には建設との引き換えに、職を得たり、福利厚生など恩恵をこうむりました。

一旦事故になった後、彼らは何をしたか。「想定外の津波でしたから。」の言い訳と、「ただちに健康に影響はない。」の流行語大賞ノミネートの言葉です。(多分、組織的にノミネートされないでしょう。)

東電は、賠償するとかしないとか言っており、原発周辺住民ばかりを考慮に入れていますが、我々全国民も立派な被害者です。

政府の「安全だ。」というあいまいな言葉に国民は信用を無くしているのです。政府を頼るのではなく自分の身は自分で守らなければなりません。


そういった意味で、浄水器NEOSを購入されているのでしょう。確かに水は大切だと思います。公表されていませんが、地下水に混じっているようですし、雨が降ることによって、汚染された水蒸気が拡散することは十分考えられます。とはいえ、月々3500円の負担であります。

こういった保障、政府、東電は考えていません。しかしながら、我々も立派な被害者なのです!!!

皆様、やはり、自分の身は自分で守らねばなりません。今から4年後、甲状腺がんのニュースが流れるでしょう。その時に、水俣病に見られたように「保障しろ。」と訴えるのではなく、自らの身は自らで守るという姿勢が重要です。訴えたところで健康は元に戻りませんから。

ただし、ここで、「甲状腺がん」はどのくらいの頻度で起こるかと申しますと、「10万人に対して10人程度」の増加があるだけです。つまり、0.01%癌が増加するというものです。

枝野とか山下、その他もろもろの御用学者の強気発言の裏側には、「こういった増加、一般的な癌の中に埋もれて見えなくなるだろう。」ということなのです。

とりあえず、自分の身は自分で守るにこしたことはありません。このように、周辺地域だけ迷惑をかけたばかりか、1億人の国民に迷惑をかけているのにいまだに、政府、官僚は、原発を続けていこうという姿勢を持っていることに腹が立ちます。









スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1209-d93bc1dc

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。