※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評被害 

大阪の河内長野市内にかかる橋桁で、これが福島で作られているのでという理由から、工事が中断しています。

福島製橋桁、放射能不安の声で工事中断…大阪

 大阪府が進めている架橋工事で、福島県郡山市内の建設会社が製造した橋桁に対し、周辺住民から放射能汚染への不安の声が上がり、工事が中断されていることがわかった。


 府によると、橋桁は大阪府河内長野市と和歌山県橋本市を結ぶ国道371号バイパス架橋工事に使われる予定で、郡山市の会社が製造と設置工事を約1億2500万円で受注した。長さ55メートル、幅8メートルの鋼製で、東日本大震災前の今年2月に完成。当初は9月に河内長野市に運ぶ予定だった。

 しかし、7月末の地元住民への説明会で、住民から不安の声が上がり、府は工事をいったん中断。橋桁は現在も郡山市の会社敷地内に置かれている。

 同社が検査業者を通じて橋桁表面の放射線量を測定したところ、国際放射線防護委員会(ICRP)が示している年間許容被曝量の上限1ミリ・シーベルトを下回る0・7ミリ・シーベルトだったという。

(2011年10月6日15時30分 読売新聞)

これに対して、マスコミは、風評被害にごまかされないようにとか言っています。マスコミが言いたいようなことを、以下のサイトにも書かれています。内容は以下のとおりです。

建築資材には放射能基準なし

現地へ行ってきた取材キャスターの奥平邦彦が「住民には便利になる橋だが、子どもも通るし、住民もまさかこんなことになるとはと言っていた。どこでも起こりうること」と話す。それじゃ一億総風評だ。住民の言うことを黙って「はい、はい」と聞いて来ただけらしい。
司会のみのもんた「基準はないんですか」
奥平「がれきなんかにはあるんですが」
与良正男(毎日新聞論説委員)「不安があるうちは動けないというに尽きる」
吉越浩一郎(ビジネスコンサルタント)は「基準を出さないと」と、これもお決まりだ。「数値を」というのは、 文句を言う住民と同じ目線にあるということだ。
橋桁の数値は「大丈夫ですよ」というレベル。福島の人たちはその汚染の中で生きている。逃げ場もない。現実に対する思いやりがない。もし立場が入れ替わったとき、どんな思いがするか、そうした想像力もない。高濃度汚染ならいざ知らず、日本に住む以上、一蓮托生ではないか。「心配しても始まりませんよ」とはっきりいえるヤツはいないのか。

ごもっともな意見であります。確かに、福島の人々はそこで生活してそこで作ったものが「放射能汚染」という偏見で差別されています。この差別をなくしましょう。という論点であります。

しかし、皆さん騙されてはいけません。

ちょっと話題を変えてみます。

昔、薬害エイズ問題が発生したことを覚えていますか。これは、ミドリ十字社がHIVに汚染された非加熱製剤を患者に投与してエイズ患者が増えてしまったという問題です。

エイズというと、エイズ患者との性交渉ののちに感染してしまう不治の病だったので、性に関して不節操な人がなる病気と思われていました。こういう意味からもエイズ患者は偏見、差別の目で見られていました。

この薬害エイズ問題が出た時、テレビでは、

「性交渉だけでなく、このような血液製剤でなる人もいます。エイズはキスではうつりません。手を握ってもうつりません。エイズ患者に差別、偏見を持つのはやめましょう。」

と騒ぎたてていました。問題は、エイズ患者を差別するなではなく、そのような血液製剤の販売をやめましょうということなのです。結果的にはそうなりましたが、最初のうちは「差別するな。」という主旨にすり替えられていました。

ズバリ言いますと、今の風評被害、これと同じではありませんか。

問題は、差別するなということではなく、このような風評被害をも引き起こしてしまうような原発を一刻も早くやめましょう。ということなのです。

なぜ、マスコミは、こういうことをひとことも言わないのでしょうか。
皆さん、この問題の「おかしさ」に気付いてください。


※ 自作コンピュータに興味のあります方は、「自作pc 俺ならばこれを買う。」のサイトをどうぞ。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1224-ba8cb033

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。