※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手マスゴミ 



これは、自由報道協会主催の小沢一郎への質問のとき、読売の記者が司会者の進行を無視して質問ばかりしていた映像である。

この上杉隆氏とか岩上安身氏とかはよくネットの報道で見かけるフリーのジャーナリストである。

上杉隆氏のコラムを見ると、鉢呂氏の辞任についての記事がある。

大手マスコミの記者クラブはひどい。勝手に発言をねつ造して大臣を辞めさせたのだ。

鉢呂氏自身、「放射能つけちゃうぞ」は、言っていない。上杉氏のコラムによれば、

〈「放射能と言った記憶がないのです。確かに相槌を打ったような気もしますが、それもはっきりせず、自分で言ったような記憶はない。私も長年政治家をやってきていますから、自分で言った言葉については大抵覚えております。でも、放射能という言葉自体、あまり使ったことがありませんし、放射性物質などということはありましたが、なにしろ記憶にないのです。でも、優秀な記者さんたちがみんなそう報じるので、どうしてなのかなと思っておりました」

 結論からいえば、鉢呂氏は「放射能」も「つけちゃうぞ」も発言していない。発言のあったとされる当日、東京電力福島第一原発所の視察から戻った鉢呂大臣(当時)が、赤坂宿舎に集まった4、5人の記者たちと懇談したのは事実だ。だが、防護服を着用したままの鉢呂氏に「放射能」という言葉を使って、水を向けたのは記者たちのほうであり、それに対して、鉢呂氏は何気なく相槌を打っただけというのが真相なのだ〉


ということらしい。さらに「死の街発言」に関しては、

『確かに鉢呂氏は「死の街」という発言をしている。だが、それは文脈の中の言葉だ。もう一度みてみよう。

〈残念ながら、周辺の町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形でございました。私からももちろんでありますけれども、野田総理から、福島の再生なくして日本の元気な再生はないと、これを第一の柱に野田内閣としてやっているということを、至る所でお話をしたところでございます〉

 果たしてこの発言が失言といえるだろうか。筆者には、どうしてもそうは思えない。だが、そう思う人もいるだろう。しかし、仮にそうだとしても、なぜその場で追及しないのだろうか。

 裏では盛んに批判するが、本人の前では黙っている。これがいつもの記者クラブの記者たちのやり方だ。』


とある。さらに、

『さらに驚くのはその後のことだ。「死の街」発言を、記者自らが批判するのではなく、匿名の福島県民の声を借りて、「福島県民が怒っている」とやったのだ。

「一通もなかったんですよ。当時、事務所には福島県民からの苦情や抗議が――。おかしいなと思いましたが、新聞やテレビでは抗議一色ということで、そうなんだなと思ったんです。なにしろ、記者のみなさんは聞き手のプロなんですから」

 それはそうだろう。なにしろ、まさに記者クラブに福島県民からの抗議が殺到しているはずのその瞬間に、福島県内の被災者の間では「鉢呂大臣を辞めさせるな」という署名活動が始まっていたのである。

 つまり、都合のよい一方の意見のみを大々的に報じ、自らに不都合な声はネグるいつものアンフェアな報道をまたしてもしでかしたのだ。』

これで、一人の大臣が首になってしまった。署名活動までされていた信頼された人なのに。

尚、この上杉隆の詳しいコラムは、こちらを見ていただきたい。

大手マスコミは、庶民の味方だと思っていたら大間違いである。彼らは、「大物はたたきつぶせば世間が喜ぶ。」と勝手に思っているのであろう。それが、最初のYou Tubeの動画である。大手スポンサー(東電)には、へこへこしているのである。特に、読売は東電、いや原子力発電に逆らえないのだ。

You tubeの動画にもあったが、正力松太郎は、読売新聞の経営者であり、原子力の父とも呼ばれるほど日本が原発をはじめるにおいて最も貢献した人物の一人である。

渡辺恒雄(元巨人軍のオーナー、ナベツネと呼ばれている)は、正力の犬であり、中曽根との連絡係であったらしい。よって、読売新聞は、原発の悪口は書けないのだ。

さて、鉢呂大臣辞任に関して、上杉氏のコラムに戻る。

最後に「前後の文脈も含めて判断した場合、「死の街」発言は失言だと思う?」というアンケート結果をこのコラムの後ろに付け加えているが、結果は次のとおりである。

鉢呂氏アンケート

報道の力で、民意を反映しない結果に導くとは。恐るべしマスゴミ!!

※ 自作コンピュータに興味のあります方は、「自作pc 俺ならばこれを買う。」のサイトをどうぞ。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1235-410e8fde

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。