※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日の出製麺所 こむぎ屋 

この前の日曜日、マリンライナーに乗って坂出に行った。うどんを食いたきゃ、高松ではなく坂出である。

さて、ネット情報等を見ると、一番に日の出製麺所が検索にひっかかる。営業時間が11:30から12:30と書いてある。11時ちょっとすぎでもう行列ができていた。

日の出製麺所

11時ちょっとすぎでももう開店していた。客の誘導の手際はものすごくいい。熱いの、冷たいの、ぬるいの、大中小、釜たまの注文ができる。大の冷たいのを注文した。どうやら、限定数のさぬきの夢2000の麺を食べることができたらしい。それがこれだ。

日の出製麺所

これに、ネギ(これは調理バサミでちょきちょき切る。)天かす、生姜、ごま、アゲを入れた。アゲが50円である。合計250円。これは安すぎる。これに出汁しょうゆをかけて食べた。出汁しょうゆ、熱い出汁、ぶっかけ出汁すべてテーブルにある。

日の出製麺所

250円のために坂出にきた甲斐があった。うまい!!!。お土産うどんも買った。ここは安すぎる。高くてもいいかもしれない。それに、営業1時間とは!!。帰りに見た行列である。

日の出製麺所

わざわざ坂出まで来たのに日の出製麺所だけではもったいないのでイオンの近くのこむぎ屋というところへ行ってみた。本日のサービスうどんは、カレーうどんであった。280円、これも安い。


こむぎ屋

麺に注目して食べたのだが、これも十分うまい。どちらがうまいかといえば、日の出製麺所であるが、並んでまでのリスク等を考えるとこむぎ屋で十分である。ただ自分の判定も日の出製麺所は冷たいのを食べ、こちらはカレーうどんなのでカレーうどんの方が暖かい分、うどんのおいしさとしてのハンディーがある。うどんは冷たいのに限る。腰の強さが違うのだ。うどんというのはある一定レベルを超える境界線というのがある。

うまいうどんはこの境界線を越えた後の個人の好みも入った基準での判定になる。そういう意味においては、こむぎ屋は境界線は十分越えている。

「エビ天は注文を受けてから揚げます。」ということなので今度は天ぷらうどんを食べてみようと思う。

こむぎ屋

香川定番のうどん屋のおでん。味噌を付けながら食べる。これはいまいちかな。味があまりし見ていなかった。

イオンで、日の出製麺所とこれも有名どころの上原製麺所のうどん玉を買い、夕飯に食べてみた。製麺所なので本来は、このうどん玉をメインに販売しているものである。多少の期待は持っていた。

味は、全くダメ。第一コシがない。妻にもダメだしばかり食らった。(茹でてないものもあるのでそれはどうであろうか。)

うどんは難しい食べ物である。時間が経つとこうも味が変わるものなど世の中にうどん以外であるだろうか。

あのできたての味を長時間持続させる技術は開発されないだろうか。




大きな地図で見る


大きな地図で見る
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1240-955c5abc

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。