※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREEN WiMAX 

皆さん、インターネットは、どのようにしているのでしょうか。

昔ヤフーが、駅前で機材を渡しながら、契約者を獲得していました。あれは、電話線さえあれば、インターネットができるというものでした。そういえば、その前はというと、電話代は別、通信料は単位時間あたり何円という時代でした。


そして今は、光ケーブルで情報をやり取りするというのが主流ではないでしょうか。

これらに共通するのは、屋内に光なり、金属のケーブルを引っ張り込むということです。

無線でやり取りできれば、このようなケーブルは不要となります。少し前までもそのようなものはありました。特にPHSが主流でした。ところがネックだったのは、時間当たりに伝達できる情報量が少なかったことです。

では現在はというと、WiMAXというのがあります。

これの通信速度ですが、下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsで、これは、ADSLと大差がありません。しかも、メリットとしては、日本中どこでもネットができるということでしょうか。

さらに、GREEN WiMAXでは、固定IPを持つことができるそうです。

固定IPを持つとどういうことができるのか。」ですが、コンピュータは、一台ずつIPアドレスを持っています。一般には、その時その時に割り振られた動的アドレスを使います。

「コンピュータ(端末)から、ネットを見る。」だけなら、動的アドレスでいいのですが、あるコンピュータに情報(ファイル)を送るとなると、動的アドレスではいけません。具体的に言うならば「電話番号がわからない人に電話をかけることはできない。」ということです。自分の電話番号がわからなくても相手の電話番号を知っていれば、かけることはできるというのが、動的アドレスです。

「ホームページを見る。」ということは、「電話をかける。」と同じことになります。そして各々のホームページは、固定IPを持っているということになります。

逆に、GREEN WiMAXで、固定IPを持つということは原理的に、世界中の人々に自分のパソコンからホームページを見せることも可能ということです。(多分ハードルは高いですが。)

しかも、WiMAXであるにもかかわらず、月額使用料も安いです。これならば、ADSL 50Mbpsの値段ではないでしょうか。

こういうのは、家庭よりも会社で営業に役立てればいいのではと思います。

なお、今なら、Wi-fiルータもプレゼントされています。これは、無線パソコンを持ってさえいれば、そのルータと無線でつながり、パソコンが使えます。ルータからは、また無線で通信されています。ルータ自身がちょうど携帯電話のようになっているということです。

この会社、プロバイダ契約毎に、契約時と契約が1年経過する度に契約時と同数の植林を行うという慈善事業も行っています。






スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1242-7b2a55a6

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。