※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発反対世論 

年末にかけて、原発反対の特集が良く報道されていた。ニュースステーション、たけしのガチバトル、朝まで生テレビである。

ラジオから出しか聞けなかった東電、政府の都合の悪い内容までもが報道されていた。

東電、そろそろ資産が尽きてきているのだろうか。コマーシャルにつぎ込むことができなければマスゴミは一斉に牙をむく。そういう感じだ。


東電および他の電力会社が言っているのが原発をやめると電気代が高くなるということであるが、これは、発送電分離を実施すればよいだけのことである。

何も発電から送電まで全て電力会社に任せることはない。送電はまた別の会社が運営をすれば、発電会社がどんどんと増え、東京に住んでいるから東京電力、大阪に住んでいるから関西電力と決められた会社しか選べないということが無くなるのである。

携帯がそのいい例である。好きな携帯会社を選ぶことができ、各社、競争原理によりサービスが向上したのだ。

発送電分離をすれば、コストのバカ高い原子力発電なんかやらなくなるわけである。

これに関して次のようなニュースがあった。

送配電、公的機関で一括運営検討…発電参入促す (読売新聞)

これは、実際、実行してもらいたいものである。ついでに西日本の60Hzと東日本の50Hzもこの際、統一してもらいたい。

「原発反対」という世論が高まって、「今すぐ原発を止めろ!!」と言っているが、原発問題で問題なのが、核廃棄物である。止めたところで、その核廃棄物をどう処理するかが大問題なのである。

止めて、その発電所の燃料プールに抱え込んでいても、地震、津波で今回のような惨事は起こる。

この核廃棄物問題で名案が浮かんだ。ベトナムが日本に原子力発電建設を委託している。このような大惨事の後、なぜ、日本に技術を要請するのかと疑問に思ったがその疑問は簡単に解決した。

ベトナムは原発を欲しがってはいない。核武装したいだけだ。

プルトニウムが欲しいので原発を作りたいのである。

ということは、核廃棄物をベトナムのような諸外国に輸出すればいいことである。今の発展途上国は、軍事力をつけたいと思っているだろう。そのためには核武装が必要である。

ということは濃度の高い核廃棄物は、発展途上国にとって非常に欲しいものである。

核戦争になるかもしれないという懸念を考えないなら、非常に合理的である。まず、核廃棄物を売ることで儲かる。次にこのような危険な核廃棄物を一か所にまとめておくよりも世界中に点在させるほうがよっぽど危険が少ない。

核廃棄物を諸外国に売るというのは画期的なビジネスと思う。もっともアメリカは猛反対するかもしれないが。

今すぐ原子炉を止め、燃料棒を抜き出し、燃料プールにあるものも一緒に売っていくと儲かるのではなかろうかと思われる。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1280-c4c1c52e

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。