※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あほか、橋下!! 

大阪市の原発の是非を問う市民投票の署名が、一定数に達したことに対し、大阪市長は3月初め、何らかの声明を出さねばならない。

このことに対して、橋下市長は、新聞記者に対し、次のように答えている。

「住民投票に必要な5億円もかけるのは疑問」

橋下は、「独裁者」発言などをして、一気に市長へのぼりつめた。大阪維新の会など結構奇抜なネーミングだ。

これら彼の「計画的犯行」であり、彼は、クレバーと見られてきた。

しかし、私はふと「彼はアホではなかろうか。」と気付いたのだ。

今の世の中、彼にとってまさに追い風なのである。

まず、住民投票に5億円かけたところで誰が無駄遣いと彼を責めるであろうか。今のご時世でこのことを責める人は誰もいない。

いや、数人はいる。その人々は、電力会社関係の人か、推進者であろう。もし、橋下氏が市民投票をしたとき、「無駄なことをして。」と彼らのコメントがメディアに上るであろう。特に読売、サンケイ関係で大々的に報道される。

しかし、それは、少数派なのだ。このときかかる5億の意義は非常に大きい。

「橋下は民意を反映する偉大な市長だ。」とか「彼が原発をとめた。」とか大々的に称賛される。

この5億円で社会体制を変えることができるかもしれないのである。

彼は、株主提案権の行使について、市特別顧問で元経済産業省官僚の古賀茂明氏を中心に、自然エネルギー政策に詳しい飯田哲也・環境エネルギー政策研究所長や同省の若手官僚らでチームを作って方策を練る方針も示したとしているが、飯田哲也氏自身、原発国民投票の賛同人なのである。(ここを見よ。

橋下よ。日本のゴルビィーになりたくないのか?

もう一つ、橋下氏に忠告!!命を狙われているみたいだから十分注意してね。

http://matometanews.com/archives/1510739.html


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1287-912cecfb

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。