※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPEEDI情報 米軍に提供 

久々に腹の立つニュースに出くわした。これはブログに掲載しなければならない。


SPEEDI情報 米軍に提供(NHK)

東京電力福島第一原子力発電所の事故原因を究明する国会の「事故調査委員会」は、初めての本格的な質疑を行い、参考人として招致された文部省の担当者が、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムによる予測データを、事故の直後に、アメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。
国会の事故調査委員会は、16日、政府の事故調査・検証委員会の畑村委員長や東京電力の事故調査委員会の委員長を務める山崎副社長らを参考人として招致し、公開で初めての本格的な質疑を行いました。この中で、文部科学省科学技術・学術政策局の渡辺次長は、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムで、事故の直後に行った予測のデータについて、外務省を通じて直ちにアメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。SPEEDIのデータは、文部科学省が「実態を正確に反映していない予測データの公表は、無用の混乱を招きかねない」として、一部を除き、事故の発生から2か月近く公表しませんでしたが、アメリカ軍に提供した理由について、渡辺次長は「緊急事態に対応してもらう機関に、情報提供する一環として連絡した」と説明しました。また、質疑では、事故調査委員会の石橋委員が「平成19年の新潟県中越沖地震の経験がありながら、東京電力は、地震と津波に対して、対応が甘かったのではないか」と指摘したのに対し、東京電力の山崎副社長は「事業者として、忠実に対策を取ってきたと思っているが、考えているような前提をすべて覆すようなことが起きた。もう少し考えなければならないということがあるならば、考えていきたい」と述べました。質疑を終えて記者会見した事故調査委員会の黒川委員長は、原発事故の対応にあたった菅前総理大臣や枝野経済産業大臣の参考人招致について、「検討事項に入っている」と述べました。事故調査委員会は、30日に次回の質疑を行うことにしています。



これらシステム構築のための費用は、我々国民の血税が使われとるんだろうが!!!

なぜ、鬼畜米英に先に知らせるんだ!!!渡辺次長と文科省の関係者、こいつら、死刑だ!!!平田誠よりたちが悪い!!!

正直、日本、一回、落ちるところまで落ちたほうがいいのかもしれない。こういった社会になぜなってしまったのだろうかと憂う。

勉強して、官僚になって、大企業に就職して、政治家になってと、勉強する=上の立場に建てる人となる。

という方程式が出来上がってしまった。その結果起こったのが、熾烈な受験戦争。自分のために勉強をするという体制が出来上がってしまった。「世のため人のため。」ではない。

受験勉強で鍛えられた人たちは、「世のため人のため。」といううすっぺらいタテマエだけは意識しているが、すぐに化けの皮が剥がれる。彼らの本音、根底にあるのは、「愚民思想」なのだ。こういう奴らによって、日本という社会が動かされているのだ。

アメリカが駐留しているアメリカ人を日本人たちよりもいち早く非難させたのは、こういう事情があったのだ。

そのころ日本は、何をしていたか。最近では見かけなくなったが、芸能人による励ましの公共広告「がんばれ!!」とか昨年度の流行語大賞の「絆」とかが叫ばれていたのだ!!

日本人が日本人を守らず、なにが絆だろうか。福島県民よ怒れ!!日本人よ怒れ!!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1291-5b27f51c

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。