※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ステーション 町村発言 

政治家って、どうして原発推進派なのだろうか。

昨日の報道ステーション「原発再稼働 私はこう思う」の町村発言です。動画がなかったのであるブログを拝借しています。

町村信孝「私たちも原発の安全性を、やっぱり過度に信用しすぎていたという反省をしっかりした上で、まず政府がはっきりとした考え方を示すこと。地元の方々の了解を得た上で、順次再稼働するということしかないと私は思います」

町村信孝「雇用が今、海外にどんどん逃げていってしまう。日本の経済を考えた時に、そして我々の日々の生活ということを考えた時に、やっぱり自前のエネルギー、そこには再生エネルギーもあるだろうし、また原発というものが、その中でも一定の割合があるんだろうと思います。私はできるだけ“自前”のエネルギーというものが、どこまで調達できるかということが大切であって、我々が原発政策を進めてきたのは、第一次、第二次石油ショック時ののあの経済の混乱。トイレットペーパー事件なんていうのは忘れている方もいらっしゃるようですが、ああいう事態を起こさないためにも、やっぱり自前のエネルギーを持つという基本的な部分は、やはり忘れてはいけないところだろうと思います。技術開発はこれから進みますから、太陽光にしても風力にしても、もっと効率よく発電できるとかですね。開発を進めていくということによって、原発のウェートというものは当然下げることができるんだろうと。ビジョンを今、自民党も現状持っていませんから。方向感覚はみんな大体共有していると思います」

本当に糞野郎だ。トイレットペーパー事件と今の福島の現実、これを考えればわかるはず。原発によって、住むところは奪われ、農業、漁業は壊滅的な被害、酪農家の牛の処分、こちらのほうが大問題だ。

トイレットペーパーも「石油が無くなると紙が無くなる。」というデマ情報が広まった結果である。今はウォシュレットがあるではないか。


原発の「安全」について

町村信孝「僕らはあまりにも100%安全だということを強調しすぎていたのかもしれない。でも、考えてみると世の中100%ということは、この社会にはあり得ない。ただそれを極限まで小さくしていく努力をするということではないでしょうか。自動車だって毎年数千人の方が亡くなる。でも皆さんは自動車を使い続ける。原発を自動車と同列に論ずるつもりはないが、結果としてみれば、そういう問題と共通するものがあるんだと。しっかりとした安全基準、さらに想定を上回るような事態が起きた時の国の規制のあり方、電力会社の対応のあり方というものを、新たに決めていくということです」

自動車事故と原発事故を比較していること自体論外。高速道路の事故が起こったとしても車同士が大破、双方の車に乗っているものが怪我、死亡するのみである。少し渋滞または、閉鎖が起こるかもしれないが数時間後は復旧作業が完了し通行が可能となる。交通事故の起こる確率より、飛行機事故の起こる確率のほうがずっと小さいも信用しない。交通事故の場合、当事者同士が数人死ぬ、または大けがするであるが、飛行機事故の場合、乗客ほぼ100%が死ぬ。

こういうことを言っている町村邸に原爆を落としてやりたい心境である。それがだめなら、核廃棄物を町村邸に置くべきである。経済、経済ってそれを優先するために自国の安全を犠牲にする、または、過疎地を犠牲にするこんなことでいいのだろうか。

こういう政治家は、議員にしてはならない。

これに関して、古館はなんのコメントもなかった。(あの報道ステーションスペシャルのコメントはなんだったのだろう。)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1322-1e46e6f5

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。