※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ原発推進かが見えてきた。 



この動画、1時間40分で長いです。これは後半ですが、前半もあります。

話をかいつまんですると、JR東海は、リニア中央新幹線を計画しているそうです。つまり、リニアモーターカーを走らせるということです。これには、東海道新幹線の3~5倍のエネルギーが必要だそうです。

JR東海は自前で発電所を持たないため、東電の浜岡か柏崎刈羽の原発を期待しているのだそうです。

JR東海の会長、葛西敬之は、2011年5月24日の産経新聞で「原発継続しか日本の活路はない」と述べ、さらに

「原子力を利用する以上、リスクを承知の上で、それを克服・制御する国民的な覚悟が必要である。
腹を据えてこれまで通り原子力を利用し続ける以外に日本の活路はない。
政府は稼働できる原発をすべて稼働させて電力の安定供給を堅持する方針を宣言し、政府の責任で速やかに稼働させるべきだ。」


と驚くべきことを述べている。そしてこの葛西敬之は、政府閣議で「東京電力に関する経営・財務調査委員会」のメンバーに入っているということである。

菅内閣の国土交通大臣・大畠章宏も原子力発電プラントの設計と建設をやっていた原子力マフィアの一人であり、野田内閣の国土交通大臣は、前田武志で、その兄、前田肇は関西電力常務取締役で核燃料を担当し、姉、前田典子の夫、木村逸郎、東京大学工学部教授、原子力安全システム研究所長である。さらに彼らの叔父、前田正男は、吉田内閣時代に「再軍備兵機器に備えた科学技術庁」設立を提案し、三木内閣時代に科学技術庁長官・原子力委員長をつとめた人物である。

国土交通省までこのように原発関連の人物が採用されていることが怪しい。そして、このリニア計画=原発再稼働ということが秘密裏に行われているのである。

さて経団連の会長、米倉とか経済アナリストの森永とか原発を再稼働させろと言っている。
東海道新幹線沿いの東京~大阪、長野を通る東京~大阪のリニアモーターカーがこのように着々と準備させられているのだが、このようにリニア新幹線を抜きにしてもふと気が付くことがあった。

経済成長させるということは、大事業をさせなければならないということである。

現状維持というのでは経済は成長しないのである。「リニアモーターカーを走らせる。」ということは、それに付随する様々な事業が展開され推進される。原発も推進されるがそれ以外により多くのことが動く。これにより経済効果が一気に上がるというわけである。

リニアモーターカーを走らせるメリットは、時速500kmで走る以外のメリットはない。南アルプスの自然は壊すわ電力は使うわのデメリットだらけである。しかも時速500kmのメリットもない。飛行機のほうが早いからである。

しかしながら、この事業を起こすことは経済的波及効果が大なのである。

今の政治家、なんでこんなにバカなのだろうかと考えたとき、答えが見つかってしまった。自分らの仕事は、経済的に発展させるということばかりを考えているのではなかろうか。ちょっと前までのと言っても40年前の田中内閣時代は、便利=経済発展だった。今は違う。無駄なこと=経済発展なのだ。今のままで便利では経済発展はないのである。

家電に関して言えば、テレビでブームがあり、クーラーでブームがあり、ビデオでブームがあり、ウォークマンでブームがあった。ちょっと長くパソコンでブームが起こった後、液晶テレビ、ブルーレイではそれほどのブームがなかった。今勢いづいているのは、スマートフォンとかタブレット端末である。しかし、町歩いていて、そんなにつぶやかねばならないか?そんなに検索しなければならないか?携帯電話、ノートPCで十分なわけでこの分野も限界を超えている。スティーブ・ジョブズが優秀であったのは、大衆に無駄なことをさせたからである。これにより経済発展したのだ。

しかし、みんなも気づいていると思うが、これ以上のことを推し進めようとすると自滅の道を歩んでしまうのである。特にエネルギーでは。

リニアモーターカー、私も子供のときに聞いていた将来の夢の列車であったが、新幹線で十分なのである。不便なことは何一つない。これ以上のことは望まないで十分なのである。時速500kmが本当に必要か?

しかし、今の政治家または経済評論家は「もっともっと経済発展させねば。」と考えているのでバカなことを平気でいうのである。ほんと江戸時代のように少し鎖国状態にしたほうがいいのではなかろうか。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1325-8e5b0125

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。