※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ原発に固執するのか。 

原発15%案が軸に 電源構成 空洞化見据え議論 (産経新聞)

 総合資源エネルギー調査会の基本問題委員会が議論してきた平成42年時点の電源構成の選択肢は、脱原発依存と原発維持の双方の意見に配慮した形でまとまった。「原発比率35%案」は外されたが、基幹電源として維持する選択肢は残った。今後は、原発を40年で廃炉にする40年ルールの結果、導かれる15%案を軸にして議論が進むことになる。


この記事に載っていた表がひどい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120529-00000090-san-bus_all.view-000

かいつまんで言うと

2人以上世帯の電力価格の月額料金が原発比率が0%だと、1万7600円~2万3100円、原発比率が35%だと一番安く1万5100円~1万7400円。

この原発比率が高いほど電気代が安いというのがどうにも分からない。

私は、脱原発派であるが、社会が脱原発に従わなくてもいい。しかし、電気代を決めるときに電力会社の資産を上乗せする「総括原価方式」を即刻辞めてもらいたい。

このうまいシステムの「総括原価方式」をやめなくてもよい。それならば発送電分離をするべきである。

きちんとした電力の自由競争が始まったとき、電力会社は、原発を使って電気を生産し続けるだろうか。

東電の強制的な電気の値上げ、こういうことに我々国民が泣き寝入りをしなければならないのは、電力の売買が自由化されていないからである。

未だに将来的には原発を15%維持しようというのは、どういう神経をしているのか。

未だに原発事故は終焉を迎えていないし、未だに汚染され続けている。こんなの除染したって、雨が降れば山からまた流れてくる。東京湾もだんだんと汚染がひどくなっている。

「安全だ。」といいながら作られてきた原発。いざ、事故になってしまうと、東電の清水社長は、撤退を政府に要請。保安院もど素人ばかり。枝野、保安院、斑目、文科省もSPEEDIの情報を隠蔽するはの不祥事。

このような惨事が起こったときに無様な対応を見せながら、まだ、原発を動かそうとしているのはどういう神経の持ち主であろうか。

仙谷の「集団自殺発言」。稼働させるほうが集団自殺だ。昨日も、一時帰宅したスーパーの経営者が自殺した。
実際の汚染だけではない。原発は精神をもむしばんでいるのだ。それなのに15%維持か?

日本って、日本国民っていつからこんなに堕落したのであろうか。統治する側、上層部の人間ほどひどい。

全国の原発を即刻辞めたところで、問題は山積みである。このことを私ら世代は本気で考えねばならない。まず、核のゴミである。数万年単位で保管しなければならない。これは原発をやめたところで今あるゴミの処分は考えなければならないことである。

どこの地下に埋めるか。あなた方の地下に埋めてもいいのか。地下水に混ざってしまい、河川が汚染される可能性もありうる。誰もが嫌がる。しかし、どこかに埋めて放置しなければならないのだ。また原発マネーをちらつかせ過疎地に押し付けるのか?原発を止めてしまうとき、この原発マネーは無くなってしまう。あってもそれは国民の純粋な税金になってしまう。

原発に関して問題は山積みである。健全な社会になってほしい。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1351-fd8a5c6c

まとめtyaiました【なぜ原発に固執するのか。】

原発15%案が軸に 電源構成 空洞化見据え議論 (産経新聞) 総合資源エネルギー調査会の基本問題委員会が議論してきた平成42年時点の電源構成の選択肢は、脱原発依存と原発維持の双方の意見に配慮した形でまとまった。「原発比率35%案」は外されたが、基幹電源と...
  • [2012/05/29 19:25]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。