※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電 

太陽光発電を考えているご家庭はありませんか。太陽光発電を設置しようと思うと200万円以上かかります。
太陽光発電、だいたい車1台分かそれ以上でしょうか。

家を建ててしまうと、資金が底をつき、「太陽光発電なんて家のローンが終わったあとだ。」と考えることでしょう。
私もそう考えている一人です。

ちょっと前に、確かテレビでDMM.comが家に太陽光を安い値段で設置して、生じた電気を折半する事業を起こす。と言うのを聞いたことがありました。「これは将来のことだ。」と思っていると、もう事業展開していました。


【DMMソーラー】実質8万円でソーラーパネルを設置!


というやつです。実際、お金は、8万円だけ支払うのではなく、補助金相当額も用意しなければなりません。これは2ヶ月後返ってきます。これのローンも組むことができるそうです。

で、実際の発電量のシェアですがこちらの取り分は2割です。

金額的には7kWの設置パネルで年間3万6000円、1か月3000円、電気料金が安くなります。初期投資は2年ちょっとで回収できる計算となります。

10年間はDMM.comとの契約になりますが、10年以降は、契約が切れ、発電設備は自分のもので、発電量は丸取りとなります。とはいえ、今の売電価格が1kWあたり43円ということで計算されています。10年後、この価格とは思えないので10年後の発電量は、大した額にはならないと思います。

この契約にはいくつかの条件があります。まず、築30年未満の家であること、インターネット環境があること等です。

さらに日照量、屋根の形状も査定されます。だいたい審査に通るのが3割だということです。

このDMM.comの査定を受ける最大のメリットは、審査に通るかどうかの判断をしていただけることだともいえます。
この審査に通らないような家だと太陽光発電をしても利益は少ないということになります。ということは、個人的に200万出して設置しても徳にならないということです。

私が個人的に考えるデメリットは、この太陽光発電のパネル、多結晶と書いてありました。まわりから聞いた情報によると、パナソニックの単結晶シリコンが発電効率が高いです。しかし、パネル単価も高いです。多結晶シリコンは、今のところよくないです。(私が思うにソーラーフロンティアのCISというやつがいいと思うのですが。20年保証だし、多結晶よりも発電効率が良い。)

では具体的にどの程度かというと、使っているパネル会社GRIDのホームページを見ますと、182Wで、パナソニックのいいやつは、240Wです。ざっとパナソニックの76%です。7kWを出そうとすると、GRIDでは38.5枚、パナソニックでは29.2枚となります。

とりあえず、太陽光を考えている方への情報です。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1360-aa2b9872

まとめtyaiました【太陽光発電】

太陽光発電を考えているご家庭はありませんか。太陽光発電を設置しようと思うと200万円以上かかります。太陽光発電、だいたい車1台分かそれ以上でしょうか。家を建ててしまうと、資金が底をつき、「太陽光発電なんて家のローンが終わったあとだ。」と考えることでしょう。...
  • [2012/06/20 20:27]
  • URL |
  • まとめwoネタ速neo |
  • TOP ▲

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。