※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュータのバックアップ 

コンピュータには、バックアップが必要です。というのは、ハードディスクというもの突然壊れる場合があるからです。

職場とか研究等で逐次データのバックアップを取らなければならない場合、ミラーRAIDという方式があります。最近のコンピュータでは、マザーボードのその機能が付いています。

で、逐次データのバックアップを取らない、それほど頻繁にしなくてもいいのでは。という場合もあります。

家庭でコンピュータを使う場合、無線LANルータを使うのが便利である。最近の無線LANルータ、USBの接続端子があり、これにハードディスクを接続するとネットワークドライブとして使えます。

さらに、BUFFALOのWZR-HP-AG300HAでは、「Acronis True Image HD」というバックアップファイルのソフトが添付されています。

確かに、家庭でパソコンを使う場合、または、小規模なオフィスの場合、こういったルータ経由のバックアップがいいのかもしれません。

最近新発売のバッファローの無線LAN親機 WZR-600DHPには、このバックアップファイルのソフトが添付されていません。とりあえず、USBでハードディスクを接続し、ネットを通じて使うことができるのですが、なぜつけなくなったのか分かりません。

ところが、調べていくと、「無料のHDDバックアップ用イメージ化ソフトが凄い」というサイトで、Macrium Reflect FREE Editionが紹介されていました。

使ってはいませんが、ネットワークドライブ経由のイメージバックアップもできそうです。興味のある方は、リンク先を見てください。


BUFFALO Giga 11n/a&11n/g AOSS2対応 無線LAN親機 WZR-600DHP



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1380-8e27f720

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。