※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ 

《いじめられている君へ》中川翔子さん

■逃げて まず自分が大事

 無理して学校に行く必要なんかない。いじめなんてくだらなくて、立ち向かう意味すらないから。いじめから逃(に)げることは、本当の「逃げ」とは違う。まず、自分のことを大事に考えてほしい。

 中学のころ、私はずっと「死にたい」と思ってた。無視(むし)されたり、陰口(かげぐち)を言われたりするのがつらくて、結局、卒業式も欠席した。1人で絵を描いていて、「キモい」って笑われた。「お前に言われる筋合(すじあ)いはない!」って言い返したかったけど、言葉が出なかった。今でも悔(くや)しいんだよ。

 「学校だけが世界の全てじゃないよ」って励(はげ)まされたことがあった。「あなたに何が分かる!?」って、その時は思ったけど、いつしかそう考えられるようになった。だって、学校なんて周りに数十人しかいない小さな世界だから。無理に合わせても苦しいだけだよ。

 いじめる子たちをよく見てると、仲間の中から順番に1人選び、その子を無視して喜んでた。心底(しんそこ)くだらないと思った。人の痛みが分からない人間だ。もし自分が死んでも、ダメージを受けるのはいじめてきた子たちじゃなくて、自分の家族だけなんだ。意味のないことはやめようと思った。

 私は趣味(しゅみ)の世界に救われた。いくら「オタク」って言われても、絵を描いたり、漫画(まんが)を読んだり、ゲームをしたりするのが好き。今はインターネットで仲間を作ることができる。学校の外にすてきな出会いがたくさん待ってるんだから、何か一つでも、楽しいことを見つけてほしい。

 人は、両親や祖父母、その先祖(せんぞ)らが出会って生まれた、いわば奇跡(きせき)のような存在。人生を邪魔(じゃま)する資格は、誰にもない。(なかがわ・しょうこ=タレント)

教育評論家の言葉より、彼女の言葉のほうがずっと励みになるし、その通りだと思う。

いじめにあったら徹底的に逃げる。これ以外にはない。というのも社会も「いじめっ子」の味方だということが今回の事件で露呈したからである。

さてもう一軒、面白い記事。

【いじめ問題】大津市教育長がハンマーで襲われ負傷した事件 / ネットユーザーから厳しい声「やりすぎんなよ(笑)」「じゃれあってただけだろ?」- ロケットニュース24(2012年8月16日13時00分)

大津市の澤村憲次教育長がハンマーで襲われて負傷した事件で、19歳の大学生が逮捕された。産経ニュースの報道によると容疑者の大学生は「(澤村教育長が)真実を隠していると思い 許せないと思った」と供述しているという。この大学生は、大津市の中学生がいじめを苦にして自殺した問題で、教育長の対応に怒りを感じていたようだ。

しかしインターネット上の声をみてみると、負傷した教育長に同情する声はほとんどなく、むしろ今回の事件に対して皮肉的なコメントしている人が多いようだ。以下は、教育長負傷事件に対するインターネット上の声である。
 
・インターネット上の声
「やりすぎんなよ」
「やりすぎんなよ(笑)」
「プロレスごっこだろ」
「じゃれあってただけなので無罪」
「じゃれあってただけだろ?」
「襲撃されたのかwww ・・・やりすぎんなよw」
「ふざけ合ってただけでしょ」
「ふざけあってただけなので警察に通報する必要は無い」
「その年でプロレスごっこは身体に堪えますねw」
「まあ遊びだろ。警察入れるとか大袈裟すぎ」
「これは早急にアンケートが必要だな」
「殺人未遂があったかどーかアンケートをとるべき」
「じゃれ合いを通報するとは、粋じゃないねぇ」
「なんで警察がこの件で動くの? いじめでは動かないのに?」
「これはアウトだろ。教育長を殺すとかターゲット間違ってるし。この大学生はアホ」
「ほんと自分の身に危害が及びそうになった時の公務員の行動は光速を超えるよな」
「こんなもんじゃなかったろ、自殺した子がされてた事はさ」
「中学生が自殺するまでいじめる→隠蔽 教育長をいじめる→即110番 なぜなのか」
 
……と、厳しい声がインターネット上であがっている。

ただ、この後の記事だが、

どんな理由があろうとも決して暴力は許されることではない。しかし、世間では「教育関係者が自殺した中学生男子を見殺しにした」という考えが広まっており、大津市の教育関係者に対して怒りを感じている人が多いのは確かだ。

公共の記事、公共の発言では上の赤字のようなことを必ず付け加える。日本人はよく教育された温和な農耕民族だから滅多なことで暴動は起きない。アメリカなど黒人差別問題が明るみになると暴動が起きる。

国民だけでなく国家自身も「暴力はよくない。」というぬるま湯状態なので隣国からなめられて島に上陸されているありさまだ。国家が行っていることといえば怒った顔をして「極めて遺憾である。」というだけである。

国家も社会もこういう状況だから、いじめはなくならないのだ。

ただ、19歳の若者、私は「よくやった。」と心から褒めてあげたい。

自分はできるかといえばできないからである。「暴力は絶対によくない。」ときれいごとを言うのではなく、できれば彼は無罪放免にしてあげたい。彼のような正義感、他の人にあるだろうか。みんな口ばかりの評論家なのである。

彼の行動、今回の事件に対して、いや全てのいじめに対して、鉄槌を下すものであった。

これにより、教育長は、「また襲われやしないか。」とびくびくするであろう。彼はこれから堂々と町を一人で歩くことはできないであろう。「どいつが襲ってくるか。」とびくびくしながら過ごさなければならなくなるからだ。彼ばかりではない。校長、担任、いじめ加害者、いじめ加害者の両親、みんな命を狙われやしないかとびくびくしながら過ごさねばならなくなるだろう。

しかし、教育長だけではなくテレビには顔を出していない教育委員長、こいつらも襲われればよい。

少しでもこいつらにいじめられていた子の気持ちを味わっていただきたいものだ。

「悪いことをすればバチが当たる。」

小さいころから聞かされてきた昔話、そういうことを日本人は学んできたはずだ。本質的には「バチがあたるから悪いことはしない。」ではなく「人間の良心として悪いことはしない。」だが、悪がはびこる世の中、昔話的教訓も必要であろう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1390-1a830345

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。