※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島問題 

尖閣諸島を発端に反日デモ、すごい勢いで行われていますね。あれは完ぺきな犯罪でしょう。

それはさておき、日本も中国もそろそろ本音を言ったらどうなのでしょうかね。あんなちっぽけな島、魅力なんかないでしょう。よい漁場だから? それは、大した問題ではないです。

中国はあの海域に大量のメタンハイドレードが埋まっていることを知っているのです。

実は、日本もかすかには知っているのですが、見て見ぬふりをしているのです。

当然、アメリカも知っているのです。で、日本の超保守的、既得権益主義が新たな資源があるにもかかわらず、見て見ぬふりをずっとしていたのです。

諸外国は隙あらば、狙っている情勢なのです。で、そういう事態を多分知っていた石原都知事が、煮え切らない政府を見て購入すると言いだしたのでしょう。

もっと早くからやっておけばよかったのに。今となっての最善の方法はといえば、アメリカを味方につけることです。

「日本の領海から出るメタンハイドレード、3割で手を打たん?」

これでいいと思いますががめついアメリカがこれでも首を縦に振らなければ5割出してもいいのではないでしょうか。

資源のなかった日本ですから。大量の埋蔵量の5割でも嬉しいことでしょう。

アメリカと手を組むもう一つの利点としては、掘削工事を共同でやれるということです。日本に技術はあっても利権とか既得権益とかのぐちゃぐちゃした状態では事は進みません。合理主義のアメリカの手を借りることです。

しかも利権とか既得権益にこだわる形式主義野郎にとって、アメリカ主導で事を運ぶ方がはかどります。

これで、中国はしぶしぶと手を引くでしょう。

反原発になっている今の日本こそ、日本周辺海域に眠っているメタンハイドレードを発掘することこそ突破口です。太陽光、風力発電などの再生可能エネルギーだけでは賄いきれないでしょう。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re: 尖閣諸島問題

 はじめまして!うっとこのブログにご訪問有難うございます。

 3割?ちょっとあげ過ぎとちゃいますやろか?ロシアなんか掘っても5%しか権益くれへんのに。(あれはちょっとシブチンすぎやけど。)

 領海割合で10%チャイナ、10%台湾、5%米国(メジャー)。んで、残り日本!これで皆さん産油国の仲間入り!は如何でしょ?

コメントありがとうございます

おデビンさん、コメントありがとうございます。

3割多いですかね。しかし、10%チャイナ、10%台湾、5%米国となりますと、これで25%、約3割です。

まあ台湾はこれでごねることはないだろうけれど、中国「100%よこせ!!」と言ってこないでしょうかね。

あの国、「ごねたもん勝ち」というような国民性があるようですが。ついでに韓国や北朝鮮もそういう気質が。

よって、のび太の日本は、アメリカに「ジャイアン」の役をやってもらった方がいいかと思いますが。

アメリカには、10%ぐらいでいいかもしれませんね。ただ日本が資源により、力をつけてくるとなると、アメリカも黙っていなくなると思います。(この会話、「取らぬ狸の皮算用」ですね。しかし、最近の諸外国からの侵略、これしか考えられないのですが、野田がなめられているいうのも一理ありますが、それだけではないような気がします。)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1404-51458e61

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。