※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時限爆弾が爆発しだしている?! 

こういう記事を知っているだろうか。

マスコミが報じない恐るべき事態 福島の女児過半数に「のう胞」

ひっそりと発表された検査結果
福島県の県民健康管理調査検討委員会(座長・山下俊一福島県立医大副学長)が11日に発表した第三回甲状腺検査の結果が、ネット上で物議を醸している。小学生・中学生女児の過半数に甲状腺の結節やのう胞が確認されたというのだ。マスコミ各社ではほとんど報じられていない。

過半数の女児に異常
昨年発生した福島第一原発事故を受け、福島県内では子どもたちへの影響が心配されている。特に放射性ヨードによる被害は甲状腺に現れやすいため、県内では今年も検査がおこなわれた。

8月24日までの結果をとりまとめた資料によると、受診した子どもは42,060人。このうち、6歳~10歳では男児50.2%、女児54.1%に、11歳~15歳では男児48.6%、女児55.3%に甲状腺の異常が確認された。

子どもへの影響は昨年より悪化
昨年おこなわれた検査では、結節、のう胞が見つかった子どもは、全体の35.1%だった。今年はこれが43.1%と大幅に悪化している。

座長を務める山下教授が2000年に長崎県でおこなった調査では、のう胞が見つかった子どもはわずか0.8%だった。チェルノブイリ事故から5~10年を経たチェルノブイリ地域でも、子どもたちののう胞は0.5%と報告されている。

福島県内で子どもたちが直面している事態の深刻さがうかがえるデータだが、マスコミ各社はほとんど報じていない。

私が心配しているのは、福島に住む児童の甲状腺癌です。チェルノブイリの事故後4年でどんどんと発症してきました。この原因は放射性ヨウ素。放射性ヨウ素の半減期は8日と短く今は全然問題はないのですが、爆発後、これを吸い込んでしまったがために、放射線の感受性が高い子供に甲状腺癌が発症します。

SPEEDIの情報を隠蔽したがために風向き方向へ非難した人々、この人々の中の児童が心配です。

もう民主党政権は終わるでしょう。多分自民党が政権を取ると思いますが、あと2年から3年後、この甲状腺癌の社会問題が勃発したとき誰が頭を下げるのでしょうか。その時の厚生労働省の大臣でしょうか。

こういう時限爆弾を抱えているにもかかわらず、まだ原発に固執しようとする様子、また再稼働、何を考えているのでしょうか。もしかして甲状腺癌が発症することを知らないのでは? または、いつも通りのやり方の隠蔽か?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1407-499615a7

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。