※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備前焼まつり 

毎年のことであるが、岡山には、備前焼で有名な備前市があり、「備前焼まつり」が開催される。今年は、10月20日、21日が祭りの日であった。妻は、「陶芸家」であり、修行していた先生のところで販売をさせてもらっている。

その先生は、「松井陶仙」先生であり、伝統工芸士である。

問題なのは、販売の場所である。駐車場の伊部小学校の近くであるのだが。

ちょっと奥の通りは、御覧の通り人がごったがえしている。

備前焼祭り1

一本入ると、御覧のとおり、人通りが少なくなる。

備前焼祭り2

入ってくるお客さんも「ここは裏通りだな。」と言っていた。


松井陶仙宅の一角が妻の販売コーナーである。先生の作品は、「伝統工芸士」ということでかなり高価であるが、まだまだひよっこの妻の作品はお手頃価格となっている。

備前焼祭り3

私は、昨年から本格的に手伝い始めた。こんなに人通りが少なくては、呼び込むしかない。通る人ひとりひとりに声をかけた。

もしも、もう少し、人通りがあればこんな呼び込みをしなくて済むのにと思ってしまう。

お店の売り上げは、何人の人が店に入ってくれるかにかかる。入ってくれたお客のうち何人が作品に手を伸ばすか、手を伸ばしたお客のうち何人が買ってくれるか。これらすべて割合的に決まってしまうことが、私のやっているアフィリエイトから分かった。

ということは、何人がお店に入ってくれるかという絶対量が必要になる。(アフィリエイトの成功の秘訣も検索でどれだけ自分のホームページにヒットするかがカギとなる。)もちろん、いい作品になれば、入ってくれた客のうち何人が購入したかの割合が高くなるが、これにしてもお店に入るお客の絶対量が増えれば必然的に収入が増すものである。

この伊部小学校の通り、人通りが少ない一つの打開策としては、小学校の正門を閉めてもらって、出入りは、常にグラウンド側から出入りしてもらうことである。

同じように商売をする上において、我々の店は条件が悪すぎる。少なくとも小学校の正門を封鎖してトイレに行くにしてもグラウンド側から出入りしてもらいたいものである。それ以外にももう少し人通りが良くなるように陶友会にも便宜を図ってもらいたいものである。

とりあえず、来年、備前焼まつりに参加したい皆さん、松井陶仙のお店をよろしくお願いします。(先生の作品はもちろんのこと、妻のいい作品が多数ありますよ。)


大きな地図で見る

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1412-124564f6

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。