※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相の会見 

<安倍首相>「国民的な理解を得て」…原発新増設に前向き
毎日新聞 2012年12月30日(日)21時23分配信

 安倍晋三首相は30日、首相官邸でTBSのインタビューに応じ、今後の原子力政策について「新たにつくっていく原発は、40年前の古いもの、事故を起こした(東京電力)福島第1原発のものとは全然違う。何が違うのかについて国民的な理解を得ながら、それは新規につくっていくことになるのだろう」と述べ、新増設に前向きな考えを示した。

 首相は21日の記者会見で、原発の新増設を原則認めないとした民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べ、新増設を認める可能性を示唆していた。

 首相は「当面の電力需要にどう対応していくかが国民も不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』とやや言葉遊びに近い形で言ってのける人たちは(衆院選で)信用されなかったのだろう」とも述べた。

 茂木敏充経済産業相も27日の記者会見で、既に着工しているJパワー(電源開発)大間原発と中国電力島根原発3号機の建設を容認する方針を表明。着工前の原発の新増設についても「専門的知見を十分蓄積したうえで政治判断していきたい」と含みを持たせていた。

 国内には未着工の原発建設計画が9基ある。大半は、開発当初の設計に安全性や効率面で改良を加えた「改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)」「改良型加圧水型軽水炉(APWR)」と呼ばれる原子炉を採用している。

 新増設を認めた場合、「2030年代に原発稼働ゼロ」という民主党政権の方針は白紙に戻る。首相は29日、「直ちに政策になっていくということではない」と述べゼロ方針を踏襲しない意向で、「脱原発依存」の転換を図る姿勢が鮮明になっている。

 ただ、自民、公明両党は連立政権合意に「可能な限り原発依存度を減らす」ことを盛り込んだ。公明党は新増設に反対の立場で、原発政策を巡り温度差が生じている。


安倍には経済政策には期待を寄せているが、原発政策には猛反対である。

まず、政治家の先生方、「原発」というのがどういうものかを今一度考えてもらいたい。

ブログを通じてあらためて説明していきたい。まず、日常的にある「燃焼」という現象である。

一酸化炭素が燃えて二酸化炭素が発生する。木が燃えて炭になる。このとき炎が出る。この炎は化学変化を起こしている状態である。

一酸化炭素の燃焼を具体的に説明したい。まず、一酸化炭素、常温ではエネルギー的に安定である。高温化で酸素と結び付くと「エネルギー」を発生させてよりエネルギーとして低レベルの二酸化炭素に落ち着く。

このようにして我々人類はものを燃やして暖をとる。暖をとるとはエネルギーを取っていることである。

暖、すなわち熱エネルギーを例えば水を蒸気にしてタービン(具体的には自転車のダイナモ)を回して電気エネルギーを取っている。

ここでエネルギーの変換効率について、説明していきたい。

石油、天然ガスを燃やすという化学エネルギー、これが

化学エネルギー -> 熱エネルギー -> (液体から気体に変化するという)水の状態変化のエネルギー -> (タービンを回すという)動力のエネルギー ->電気エネルギー

である。この間、多数の変換過程によりエネルギーを周りに熱として逃げださせている。なんと無駄の多いことか。

水力発電にしてもそうである。しかし水力のほうが無駄が少ない。

(タービンを回すという)動力のエネルギー ->電気エネルギー

ただし、それまでに太陽のエネルギーで雨が降るとというものが含まれている。

さて、火力発電は安全で原子力発電は超危険ということを説明していきたい。

化学変化というのはそもそも分子を作っているのは原子核の周りをぐるぐる回っている電子で、この電子の配置により、分子が変わる変化である。中心核である原子に何ら変化はない。

この電子の状態変化で得られるエネルギーが「化学エネルギー」なのである。

ところが原子力の場合は、原子核の状態を変化させて現れるエネルギーなのである。原子の状態を変化させて得られるエネルギーよりも原子核の状態を変化させて得られるエネルギーのほうが何百倍も大きい。

私たちはレントゲン撮影をするが、このときの光線を「X線」と呼ぶ。X線も放射線の一部であるが、X線の場合、原子の周りをまわっている電子がエネルギーの高いところから低いところへ移動するときに放つエネルギーである。

これに対して原子核内部でエネルギーの高いところから低いところへ移動するときに放たれるのがガンマ線である。名称は違うが同じものであり、何が違うかといえば、エネルギーが違う。ガンマ線はX線の何百倍も大きいのである。

物理の世界では、モノとモノとのあいだに互いに力を及ぼしあうという概念を「相互作用」という。

この世界、宇宙も含めて相互作用は4つある。小さいほうから、重力、弱い相互作用、電磁相互作用、強い相互作用である。

日常生活で体感できるのは、重力と電磁相互作用以外は無い。重力は非常に弱いのであるが、我々が住んでいる惑星が非常にバカでかいので体感できるのである。

電磁相互作用は、何気なく暮らしている全てのものがそれに関連している。

まず、灯り。電燈など電気を流して光り輝くというのは電磁相互作用の代表であろう。それ以外にも、モノが形を構成しているというのも電磁相互作用である。原子と電子は非常に小さい粒で原子の周りを電子がぐるぐると回ることで空間ができる。この電子を2つ以上の原子核で共有することでモノとなる。とりあえずそのパワーは底しれぬもので、目の前にあるテーブルを手で引きちぎることはできない。しかし、根本的にはプラスとマイナスが引きうう集合体なのである。

携帯の電波、テレビの電波全て電磁相互作用であり、タービンの動力を電気エネルギーに変える仕組みも電磁相互作用である。分子を形成するというのも電磁相互作用であるからそれで構成されている生命体も電磁相互作用である。さらには、見たり聞いたり触ったりというのも脳内に生じるパルス信号という意味で電磁相互作用である。

細胞レベルでいうところのNaイオンを細胞内に取り込むだのというのも結局細胞レベルでの化学反応、化学反応も原子の周りの電子の挙動ということで電磁相互作用なのである。

という意味で化学エネルギーから取り出されているエネルギーも全て電磁相互作用である。水力発電の場合は、重力も含まれる発電であるが、水自体水として構成できているのも電磁相互作用なのである。

「科学が進歩した」というが、我々は「電磁相互作用と重力」の範疇でしか暮らしていない!!!

他の相互作用で「弱い相互作用」と「強い相互作用」なのであるが、これは、原子核レベルまで接近しないと感じることができない相互作用なのである。我々が生まれて死ぬまでに絶対に体感できない相互作用なのである。

ここで「弱い相互作用」とは電磁相互作用よりずーーーーと弱すぎるので「人畜無害」なのである。よって、これを利用してエネルギーを得るというのは愚の骨頂である。

それに対して「強い相互作用」は強すぎる。電磁相互作用の100倍ほど強い。これが利用される発端は、アインシュタインの相対論で有名なE=mc^2。また同じように質量と原子核内核子の結合エネルギーの関係が明らかになることで、「化学的結合を壊して得られるエネルギー(燃焼)より、原子核を壊して得られるエネルギーのほうがずっと大きい。」ということを考えだしたと思われる。

とりあえず、このエネルギーを最初に利用したのが、原爆であるが、平和利用の名のもとに利用しているのが原子力発電なのである。「手の届かない領域」に手を出そうとしているのだ。

で、原子力発電が非常にバカなのは、大本は「強い相互作用」を利用しながら、回りくどい方法で電気を取り出しているのである。

強い相互作用のエネルギー -> 電気エネルギー

ならばまだ考える余地はほんの少しだけあるが、原発の原理はこうである。

強い相互作用のエネルギー -> 熱エネルギー -> (液体から気体に変化するという)水の状態変化のエネルギー -> (タービンを回すという)動力のエネルギー ->電気エネルギー

先ほど記述した化学エネルギーである燃焼から電気エネルギーへの変換と何が違うかといえば、化学エネルギー強い相互作用のエネルギーに変わっただけのことである。最初のエネルギーが変わって変換工程が同じなだけにエネルギーロスの割合も大きい。これは何かといえば、海を温めているのである。

「原子力工学」と名前ばかり掲げてはいるが、こういう変換効率などちっとも考えていない組織だったのだ。もっとも強い相互作用とか原子力というのは、人類が踏み込んではいけない領域なので強い相互作用のエネルギーからの直接変換での電気エネルギーというのはもっと危険が生じるかもしれない。

エネルギーの変換の観点から見ると太陽光発電というのは実に変換効率がいい。

太陽エネルギー -> 電気エネルギー

だからである。もっとも太陽エネルギー自身、電磁波なのでこれ自身電磁相互作用の担い手なので当然と言えば当然であるが。

話を最初に戻そう。安倍が言った「新たにつくっていく原発は、40年前の古いもの、事故を起こした(東京電力)福島第1原発のものとは全然違う。

と言っても、エネルギーの生成工程が、

強い相互作用のエネルギー -> 熱エネルギー -> (液体から気体に変化するという)水の状態変化のエネルギー -> (タービンを回すという)動力のエネルギー ->電気エネルギー

であることには変わりはないと断言できる。多分違うのはより密閉性が高まり、周りに放射能をばらまかないような構造になることぐらいであろう。根本原理を変えるのではなく炉の形、仕組みを変えるだけのことである。

ちなみに「放射能をばらまく」のは、強い相互作用のエネルギー -> 熱エネルギーの過程で起こる。

皆さん、「将来、放射能が出ないような原発ができるのではなかろうか。」とか「汚染している地域が簡単に除染できる技術が開発されるのではなかろうか。」というように考えている方もいるかもしれないが、それはできない。

放射性物質というのは、物質の元を変形しているのだ。例えば、「サリンをばらまかれた時、それを中和させる物を散布すればよい」というのはできるし、もうできているのかもしれない。これは、物質の元(原子)を変えているのではなく組み合わせを変えてサリンにしているからだ。組み合わせを変えれば毒が毒で無くなる。

しかし、原理的には放射性物質を他のものに変えることはできる。これにはより強いエネルギーの電子なり、ガンマ線をぶつけて原子核を破壊し、放射性物質ではないものに変えればよい。しかしこれが、いわゆる「加速器実験」であり、少量の物質を大掛かりな装置でエネルギーを高めぶつけるのであって、福島がばらまいた何百(何十?)トンもの放射性物質にそのようなエネルギーの物質をぶち当てるなど到底できない。

我々は「電磁相互作用と重力」の範疇でしか暮らしていなし、この範疇でしか暮らしていくことはできない。
あらゆるモノを構成し、体積を持たせているのも電磁相互作用で、目の前にある机を引き剥がすことができないように電磁相互作用は非常に強い。その電磁相互作用の100倍「強い相互作用」は強い。人類は、未だに強い相互作用を電磁相互作用を利用した変換でしか電力を取り出せないのだから、我々の技術で強い相互作用を制御する、封じ込めることは不可能なのを理解しなければならない。マスコミはあまり公開していないが、福島原発の建屋、「建屋」という名前ではあるが非常に分厚いコンクリートで構成されている。これが一瞬で吹っ飛んだ事実を見れば、強い相互作用が制御できないことは理解できるだろう。

安倍が言葉巧みに「何が違うのかについて国民的な理解を得ながら、」と言っているが、皆さん、決して騙されないようにしましょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1432-22565445

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。