※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8 

pc自作の人へWindows8の紹介。

実際、Windows7で事が足りている。「何をいまさら?」という感覚だが。

しかしながら、ドスパラで、自作機用の部品(CPU、メモリー、HDD)を購入すると、windows7のDSP版が購入できる。

どういうわけだか、今なお、Windows8の選択肢はない。というか、今の時点で選ばないほうがよい。「ネットの声」としては、「スタートボタンがなくなった。」ということでかなりの不評である。なお、スタートボタンはソフトを入れることで使うことができるらしい。

ところで、自作機をつくり、Windows7を購入すると、ダウンロード版が1200円で購入できる。この際だから購入して楽しんだほうがよい。

「Windows 8 Pro」である。しかしながら、一台のパソコンでどうやってWindows8を楽しむんだ?という方のために。世の中には、Vmware Playerというエミュレータが存在する。これはタダである。詳しくは、ブログのここを見てもらいたい。


これさえ入れれば、Windows7を立ち上げた後、Windows8を楽しむことができる。バーチャルマシンである。
起動するとこんな感じになる。

Windows8

しいて言うなら、ゲームが面白い。「Microsoft Mahjong」これもタダで楽しめる。

VMware playerにダウンロード版Windows 8 Proを入れるときの諸注意であるが、これはアップグレード版なので最初に自作機と一緒に購入したWindows7のDSP版をVMware Playerに入れる。ライセンス登録はしなくてよい。このあと、ダウンロード版Windows 8を入れればよい。別にDVDに焼きこまなくともisoイメージをDVDドライブにマウントすることもできる。

これでWindows8のライセンス登録まですんなりといく。ゲームをしている最中に何度かブルースクリーンになった。これの原因は究明中である。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1435-f515e6f9

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。