※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8を買うならお早めに。 

Windows 8 Proアップグレード版の優待価格が1月31日で終了――実売価格は5800円から2万5800円へ- ITmedia(2013年1月21日11時30分)

 日本マイクロソフトは1月31日、「Windows 8 Proアップグレード版」の優待価格販売を終了する。これにより、2月1日以降は実売価格が従来の5800円前後から2万5800円前後に上昇する見込み(価格はいずれも税抜き)。Windows 8 Proアップグレード版は3300円でダウンロード販売も行われているが、2月1日以降はこちらも2万5800円となる。2月以降は大幅に値上がりするため、注意が必要だ。

 Windows 8をWindows 8 Pro(Windows Media Center付き)にアップグレードする「Windows 8 Pro Pack」の優待価格販売も同様に1月31日で終了となる。2月1日以降は実売価格が従来の5800円前後から1万2800円前後に変更される見込み。

 Windows 8 ProにWindows Media Centerの機能を追加するアドオンソフト「Windows 8 Media Center Pack」の無償提供(800円相当)も1月31日に終了の予定だ。

 また、同社は2月1日にこれまで販売されてこなかった「Windows 8アップグレード版」を発売する。実売価格は1万3800円前後だ。

 なお、自作PCなどへの新規インストール向けに販売されているDSP版の価格に変更はない。
“8”の情報はココから!!:Windows 8のすべて
Windows 8 ProにDVD-Video再生機能を追加:「Windows 8 Media Center Pack」は2013年1月31日まで無料
アップグレード版とDSP版:「Windows 8」の予約受付がスタート、アップグレード版は6000円前後


もしも、2012年6月2日~2013年1月31日までにWindows 7入りのパソコン、を購入したなら、または、パーツ購入してDSP版Windows7を購入したなら、Windows8は1200円で購入できる。

この時期に購入しなくとも、ダウンロード版なら3300円で購入できる。

今このサイトを見たら、上の記事は単なる「情報」ではなく、『3,300円でWindows 8 Pro アップグレードをダウンロードできるのは2013年1月31日まで。( 2月1日以降は25,800円になります。)』とばっちりと明記されている。

興味のある方はお早めに。

私は、パソコンにVMware Playerを入れ、その中にダウンロード版Windows8を入れているが、isoイメージで提供されているのでDVDにも焼いて確保している。

2012年6月2日~2013年1月31日までに購入された方はこちら。(1200円)

それ以外の方は、こちら。(3300円)

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1436-f59849d7

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。