※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Geforce GTX 670 

Nvidia Geforce GTX670買っちゃいました。Palit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)というやつです。

GTX670

GTX670

高価なものなので「買おうかな。どうしようかな。」と思案していると、いきなり値上げ!!!
「アベノミクス」、物価上昇2%なんてものじゃありません。コンピュータの部品どんどん高騰しております。

これが欲しかったのは、単にゲームをしたいだけではございません。cudaという並列プログラミングをちょっとしたかったからです。

これ取りつけたはいいが、動かすのに結構苦労しました。最近のCPU、グラフィック内蔵型が多いです。普通は、このグラボのほうが性能が高いのでそれのみを使用すればいいわけですが、選択しながら使いたいと思うと結構大変になります。まず、どちらから起動するかを決めねばなりません。これは、BIOSをいじくることで設定できます。windows updateもオプションを入れると、突然このグラボから起動できなくなりました。

また、ソフト的にこのグラボか、CPU内蔵グラフィック(iGPU)から起動するかを選択できるソフトがあります。
ASUSのP8Z77V等のマザーボードのはこのソフトがついています。 Lucid Virtuというソフトです。

ただし、お薦めできません。

私の場合、「このグラボを使ってcudaをやる場合、画面出力にメモリーを使うのかプログラミングでメモリーを使うのか。これにより競合するのではなかろうか。そういう意味においても内蔵グラフィックに切り替えることも必要だ。」と思い、試行錯誤。ソフトを入れたり、入れなかったり、システムの復元を繰り返していたところ、このVirtuを外しているにもかかわらず、起動時になぜかエラーが出るようになりました。

「システムの復元をすればいいのだ。」と思い、やろうとすると、失敗します。どうしようもなく全て再インストールかというところまで追い込まれました。

幸い、ある程度整えた状態でイメージをバックアップで取っていたので、比較的早く復元(パーティションをアクティブにするとか、Master Boot Recordを設定するとかてこずりました)できました。

今のところ、モニタとのケーブルはこのグラボと内蔵グラフィック両方に繋いでいます。(DVIとD-sub)このグラボで起動するようにし、画面上で右クリック、画面の解像度で画面切り替えが可能です。こちらのほうがずっと簡単です。D-subはアナログ出力なので以前より、文字がぼやけた感じになりました。(D-subを内蔵グラフィックに繋げております。)HDMI端子が残っているのでこちらでつないだ方が良いのかもしれません。

とりあえず、Lucid Virtuをお試しの方はくれぐれも気をつけてお試しください。もっとも、マザーボードについているソフト、全部入れりゃあいいというものでは決してございません。

ただし、絶対いるというソフトもありますので、いろいろと試行錯誤してみてください。なあに、最優的にはフル再インストールの覚悟さえあればいいのです。また、BIOSがダメになった場合も、CMOSクリア(ジャンパ線を入れ替える。)さえやればどうにかなります。




Palit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)





Palit GeForce GTX 680 JETSTREAM 4GB (NE5X680010G2-1041J V2)


自作pc 俺ならばこれを買う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1449-e172814b

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。