※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nvidia Geforce 凄すぎる!! 

先日、グラフィックボードPalit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)を書きましたが、補足です。

ゲームばかりしているそこの君、ちったあ、Geforceの機能に驚いてみないか。

このサイトに行って、デモをダウンロードして動かして驚いてくれ!! 特に、Medusaがお薦め。高いグラボならば、妖精のA New Dawnも面白い。髪の毛一本一本までもが動いている。コマ送りの映像ではない。プログラムとして動いているのだ。妖精の背中、顔も非常にリアルである。とりあえず、このデモを見ると、「PCレベルでコンピュータグラフィックを使い、映画を作れるのではないか。」と錯覚を起こしてしまいそうです。

グラボを積んでいない方々は、このサイトのデモの動画を見てくれ。特に、「水のデモ」を見れば、波一つ一つを計算により出しているのが分かる。

さて、Geforce、最新機種は、Geforce GTX TITANです。『GeForce GTX TITANは、GeForceファミリーでシングルGPU最上位だった「GTX 680」の上位にあたるモデルで、世界最速のスーパーコンピューター「TITAN」に採用されているコアを転用しているのが特徴だ。』ということらしい。(参照

価格は、グラボのくせに、12万円弱から14万円弱の価格で売られている。いや、「グラボのくせに」というのは言い過ぎである。(スマン)

私のGTX 670は、3万5000円程で買った。cudaコアは、1344個である。このGTX TITANは、2688個。まさに倍!!コア数以外にメモリバンド幅が256ビットから384ビット。そもそもコンピュータの計算速度は、コアのみの処理速度だけでは決定しない。メモリとのやり取りで時間が食われてしまうのである。さらに搭載メモリーが6Gbyteで私のもの(2Gbyte)の3倍である。

コア数2倍でメモリー3倍、そしてメモリーの速度も向上で、新発売だと10万以上しても仕方がない。そもそもインテルのCPU、Xeon 10コアで90万円台、8コアでも26万円台であるので、GTX TITAN、10万円を超えているといっても、高すぎるものでは決してない。

さて、新発売にもかかわらず、ドスパラのサイトに行って調べてみると、限定数完売!!! または、在庫切れ!!!

なんだ、この売れ行きは!!! というより、ゲーマーの人口がこれほどまでに多いのか!!

私としては、Geforceを使って、並列コンピューティング、cudaを学習するつもりである。




Palit GeForce GTX 670 JETSTREAM 2GB (NE5X670H1042-1042J V2)





Palit GeForce GTX 680 JETSTREAM 4GB (NE5X680010G2-1041J V2)


自作pc 俺ならばこれを買う。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1450-a910d6e7

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。