※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなことニュースにするなよ。 

生活指導「学校サポーター」、小学生に跳び蹴り

 奈良県大淀町の町立小学校で、生活指導を担当する「学校サポーター」(非常勤)の20歳代男性職員が6年男児に跳び蹴りして、腰に軽いけがを負わせていたことがわかった。


 職員は「暴力を振るい、申し訳ない」と男児らに謝罪し、県教委に辞表を提出した。県教委は近く職員を処分する。

 県教委などによると、職員は18日、授業態度を注意しようと男児を教室から廊下に連れ出したところ、男児が走って逃げたため、跳び蹴りをし、襟首をつかんで引っ張った。保護者は翌日、学校側に抗議し、県警中吉野署に被害届を出した。男児は「ショックだった」と話しているという。

 学校サポーターは1年の任期で、職員は今月1日から勤務していた。町教委は「体罰は絶対にあってはならず、申し訳ない。再発防止に努めたい」としている。

(2013年4月25日13時21分 読売新聞)


感想:このクソガキが悪いんじゃろうが。
こんなことが新聞沙汰になるから、クソガキどもが大人をナメ出すのだ。この野放図のままほおっておくとろくな大人にならんぞ。とび蹴りOK!!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

Re:こんなことニュースにするなよ。

こんにちは
この手の記事を目にするたびに先生たちが
気の毒に思えてしまいます。
自分らの子供の頃って先生は問答無用に怖い存在
だったのですが・・・・
ビンタに蹴りゲンコツは当たり前でしたしね。
これでは我が侭な子供しか育ちませんわ。

コメントありがとうございます。

かかずユキさま、コメントありがとうございます。

理不尽な暴力は許されませんが、納得いくものもあります。
今回、記事に書いたものがそうです。マスゴミは「暴力はよくない」というと何でもかんでもよくないと判断し、こういうのも平気で記事にします。

小林よしのりの表現、「サヨク」がこれに当てはまると思います。民主のやつらも先生から生徒への暴力を完全否定します。逆に生徒から先生への暴力は容認しているみたいです。本当に公平に扱うのなら、年齢に関係なく、暴力をした時点で逮捕ということなら同意するのですが。

こういうの容認しているから、陰湿ないじめがはびこったりするのだと思うのですが。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1463-3e03c9d0

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。