※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発再稼働は避けられないかも。 

福島原発の吉田所長がお亡くなりになられた。まだ58歳である。死因は「食道癌」。このニュースを聞いて、事故後の処理が死因か。と思われた方も多いだろう。私もその一人である。

しかし、マスゴミは一切そのことには触れず、彼の英雄伝説ばかりを報道している。

「探偵ファイル」に気になることが書かれていたので抜粋する。

爪からセシウム

BOZZです。
都内の読者、医療関係者のB氏から詳しいレポートをもらいました。どこを公開しても本人を特定されてしまうので、その点はご理解ください。
「福島の原発から北より南の東京が被曝しています。」B氏の爪からセシウムの痕跡が。思わず息を呑んでしまいました。
B氏は、吉田昌郎元所長の癌死について「原発事故と無関係のはずが無い。PETでさえ1年に1度しか受けられませんから。」
マスコミが吉田元所長のことを英雄死と報道こそすれ、どうして真実をひた隠しにするのか理由がわからない、とも。専門機関で遺体を調べれば、いつ発症したのかや、本人の遺伝子データ(持って生まれた発症率)も集まると断じます。

私は思います。
今は官僚もマスコミも自民党を勝たせたい。だから波風は立たせたくない。それが国民の健康よりも優先順位が上なのでしょう。これから少しづつ真実が明らかになってくるでしょうが、その頃は全国の原発も再稼働を果たした後かもしれないです。
ですが、私は原発の再稼働の賛成派です。一刻も早く電気料金を低廉にして経済を活性化させ、安全なエネルギー供給システムに投資する。順序はそれしかないはずです。頑なに反対する人や政治家は経済に有効な代替案も持っていないと感じます。

私は、再稼働が厭であるが、彼の意見には同意できる。一刻も早く「発送電分離」をすべきなのである。もしも日本が健全な経済で、競争原理が働いているなら、原発のような不健全な電力は滅びると確信している。

そのためにも一時的な再稼働も必要かもしれない。

その「再稼働」に関してだが、昨日若者(?)連中と大阪へ行った。列車、デパート全て冷房が良く効いていた。

昨年など、東京の列車、デパートなど冷房が「弱冷」気味であった。

私自身、このことが不気味である。

今年の夏は昨年よりも猛暑のようであるが、マスゴミはこのことに触れないようだ。節電という言葉も聞かない。

今までの「煽り」失敗だったと、政府、電力関係が気付いたのである。そして国民も「原発が無くても電力は足りるではないか。」と思い始めている。

実際、火力水力で電力は足りる(らしい)。ただし、1日のうちで最も暑い2時ごろ、一時的に電力不足になるらしい。

もしかしてもしかしてだが、この一時的に電力が不足し、停電になる事故を原発推進者どもは期待しているのではなかろうか。

もしも、国民みんなが野放図に電力を使い、ちょっと停電になる。全国でなくともよい。一部地域でいいわけである。

もしそうなった場合、マスゴミは大々的に停電を大きく報道するであろう。そして国民に「やっぱり原子力は必要なんだ。」と改めて再認識させる作戦に出ないだろうか。このことが心配である。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1473-64f69164

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。