※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック、本当に東京で開催されるのか? 

<東京五輪招致>汚染水漏れに質問集中 海外メディア
毎日新聞 9月5日(木)0時6分配信

 【ブエノスアイレス藤野智成】2020年夏季五輪開催地を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会を7日に控え、東京招致委員会が4日、当地のホテルで国内外メディア向けに記者会見した。海外メディアの質疑応答では、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題の懸念が相次ぎ、質問6問中4問がこの問題に集中した。

【海外からは批判】「五輪集票で汚染水対策」海外メディア辛辣報道

 竹田恒和理事長(日本オリンピック委員会会長)は、日本政府としての対処方針を示した書簡をIOC委員に送ったことを明かし、「東京は非常に安全な都市。水、食物、空気は政府が責任を持って解決すると発表し、プロジェクトも発足して懸念はない」と説明。「東京にとって放射能漏れが唯一の懸念材料になっているが」との質問には、「放射線量レベルはロンドン、ニューヨーク、パリなど世界の大都市と同レベルで絶対安全」と理解を求めた。

 竹田理事長は用意した書面を読み上げて対応していたが、厳しい質問が続いて答えに窮し、日本語に切り替えた。そして「IOC委員からも放射能漏れの質問が予想されるが、どう対処するのか」との質問に、竹田理事長は「総理からも最終プレゼンテーションで説明する。福島は東京から250キロ離れており、皆さんが想像する危険性は東京にない」と時折、声を上ずらせながら答えた。

 会見にはトヨタ自動車名誉会長の張富士夫評議委員(日本体育協会会長)が同席したが東京の経済力に絡んだ質問は少なかった。

 7日の投票に先立つ最終プレゼンテーション(招致演説)でもIOC委員の質疑応答の時間が用意されており、汚染水問題への質疑が相次ぐと見られる。


日本のメディアは牛耳れても海外メディアは、日本のこの現状に容赦はしないといったところであろうか。
日本って、幕末の黒船、ペリー来航より、外国に対して弱腰になり出した気がする。

しかし、単純に私が「外国人」とした立場のとき、いかに日本人があさましいか。ということに気がつくと思う。
「東京で開きたかったら、原発の事故処理ぐらいきっちりとしとけよ。」という感じである。

この件に関しても日本国民を欺いたごとく「放射能は心配ない。」の一点張りだ。東電スポンサーの傘下にない海外メディアは、そんな疑わしいことを信じるはずはない。

多分私は予想するが、7日、オリンピックの誘致先は、「スペイン」ではなかろうかと思われる。断定はできないのだが。

ここで、もう一つ疑問がある。オリンピック開催は東京でなければならないのか。東京という場所にこだわらなければ、例えば、京都、大阪などの西日本で開催ならば、可能性はかなりあると思われるのだが。

「福島は東京から250キロ離れており、・・・・」と弁明しているが、決定的に東京のイメージが悪いことになぜ、日本のオリンピック開催関連の首脳陣は気がつかないのか。

外国人に日本の放射能汚染、原発事故に関した悪いイメージの言葉は何かを考えればよく分かることなのであるが。

まず、圧倒的に悪いイメージの言葉は、

1位 ふくしま

である。では2位は何かというと、ずばり、

2位 とうきょうでんりょく

である。この2位の言葉のイメージは、例えば、日本人ならば、「東京と福島はある程度の距離離れている。」というイメージを持つが(とはいっても西日本の人から見ると近い)、外国人は「企業名が『とうきょう』なのだから同じ圏内で事故が起きたのだろう。」という印象しか持たない。ましてや、ヨーロッパなどは国土は狭いが大陸文化であるし、アメリカ、中国、ロシアなどは国土が広い。そういう連中から見ると、「250キロ離れている」という印象は「近いではないか」と感じるのではと思われる。

という理由で、2020年、オリンピックは東京で開催されない可能性が非常に高い。(いい気味だ。日本はもっともっと反省して、上層部の人間が謙虚で真面目になる必要がある!!)

上層部の人間ももっと賢くなるべきである。今の政治家、本当にバカばっかりである。論理武装の「いい訳」は巧みであるが、全く「実」がない。もしも、上層部の人間が今よりももっと賢い集団であれば、原発事故後、今より、もっと迅速に事故を終焉に向かわせたであろう。あんな水デッポウで「除染した」というパフォーマンスを見せるより、タンカーを用意したり、完璧なる遮水壁を作るべきだった。これは国策でやるべきである。その上で、本気で日本にオリンピックを誘致したいならば、東京は避け西日本で開催すべきではなかったかと思われる。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1489-378c5691

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。