※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスは全うなことを言っている 

人は、気にしていること、心配していることを他人から指摘され、笑い物にされた時、その人に対し怒りを覚える。

手や足が3本ある人物同士が土俵上で向かい合う漫画をフランスが描いたことに対して、菅官房長官は抗議している。

今日本には、放射能により、このような人物は出現していない。なぜ、これが「怒ること」になるのか?
将来、このような事態になることが予測されるのか?菅官房長官さんよ。

(コントロールされているというのは、ウソか?)

汚染水風刺画の仏紙「謝罪しない」 日本大使館は抗議
2013.9.12 21:45

 フランスの週刊紙カナール・アンシェネが2020年夏季五輪の東京開催と東京電力福島第1原発の汚染水漏れを関連づけた風刺画を掲載した件で、同紙のルイマリ・オロ編集長は12日、ラジオ局のインタビューで「謝罪するつもりはない」と述べた。

 同日午前には、在フランス日本大使館の藤原聖也臨時代理大使がオロ氏に電話で「東日本大震災の被災者の心情を傷つけるものであり不適切で遺憾」と抗議。大使館によると、オロ氏は「そういう意図はなかった」などと釈明したという。大使館は同様の内容の書簡も近く送達する。

 しかし、オロ氏はインタビューで「(風刺画は)誰かを傷つけるものではない」と明言。さらに「日本政府の反応に当惑している。問題の本質は東京電力の(汚染水などの)管理能力のなさにあり、怒りを向けるべき先はそちらだ」などと話した。カナール・アンシェネ紙は11日付の紙面で、腕や脚が3本ある力士などを描いた風刺画を掲載。(共同)

フランス人の言っていることはまさに正論である。昨日も言ったが、怒りの矛先は東電であり、同じ穴のムジナである、政府、マスゴミにも向けるべきだ。

日本の漫画で、このように東電を皮肉った物はあるのか?もし描いたとしても、出版社に届いた原稿の段階で、「これはまずいだろ。」と却下されるのがオチなだけである。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1498-e0c38c02

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。