※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスゴミ報道、非常に腹が立つ 

高3女子刺殺 被害相談を察知、逆上し犯行か 警視庁に徹底調査指示へ
産経新聞 10月11日(金)7時55分配信

 池永チャールストーマス容疑者は事件直前、鈴木沙彩さんが警視庁にストーカー被害を相談しているのを察知し、逆上して犯行に及んだとみられる。警視庁のまずい対応が結果的に刺激を与えてしまった可能性がある。

 「京都市に住んでいるはずなのに近くに来ている。脅迫メールも送られてくる。(池永容疑者に)連絡してやめさせてほしい」

 8日午前9時ごろ、鈴木さんは両親と一緒に三鷹署を訪れ、切実に訴えた。池永容疑者が1日と4日の朝、鈴木さんが通学するのを自宅前で待ち伏せていたことも打ち明けた。

 担当の署員は、その場で池永容疑者の携帯電話に連絡。応答しなかったため、署員を名乗り、留守番電話に「至急折り返し連絡をください」とのメッセージを残した。昼過ぎと夕方にも同様のメッセージを吹き込んだ。池永容疑者は午後には鈴木さん宅に侵入し、数時間潜伏していたほか、鈴木さんへの安否確認の電話もクローゼットの中で聞いていた。

 警察関係者は「待ち伏せていただけだったのが、留守電を聞いてこちらの動きを察知し、初めて自宅に侵入しようと考えた可能性は捨てきれない」と指摘。三鷹署は「留守電を残したのは真剣に取り組んだ結果。電話を3回したのも、相手につながらず、緊急性があると判断したからだ」と“弁明”した。

 また、鈴木さんは4日に高校の担任教諭に池永容疑者から「殺すぞ」などと脅されていることを告白。担任は杉並署に相談したが、同署は三鷹署に相談するように勧めたものの、同署に連絡しなかった。

 警察庁の米田壮(つよし)長官は10日の記者会見で「なぜ尊い命を救えなかったのか。警視庁は真摯(しんし)かつ謙虚に徹底した確認作業を行ってもらいたい」と調査を指示する意向を示した。

 ストーカー問題に詳しい常磐大大学院の諸沢英道教授(被害者学)は「警告することで加害者が逆上し、凶暴化するケースも少なくない。『殺すぞ』と脅されていたならば、被害者の身の安全を守るため、やはり自宅に警察官を派遣させるべきだった」と強調した。

なんでもかんでも警察のせいにするんじゃあない!!

ネットで調べている人ならば、被害者の行動、分かっているはずだ。この件に関しては、警察はきちんと対処している。

被害者側に問題は無かったか。大ありだ。訳わからんSNSを通じて出会い、つきあい、これ自体、危険なことである。

また、こういう緊急事態に親は何をしていたのか。トーマスが侵入していたときなぜ不在なのか。なぜ施錠されていなかったのか。なぜしばらくの間、居場所を変えなかったのか。『被害者の身の安全を守るため、やはり自宅に警察官を派遣させるべきだった』とよく言うなあ。警察官を派遣する前に、父親ならば、四六時中、娘を監視し、一緒の部屋に寝泊まりすればよい。行き帰りの送り迎えはもちろん、父親の仕事が忙しいなら、彼女を直接帰宅させるのではなく、職場に来させるべきである。緊張感なく何もしなくて、警察に全てを頼り切るというのもどうかしている。

こういうことを抜きにして「警察が悪い。」という報道、胸くそ悪い。なぜ、マスゴミはこういうときだけ国家権力批判をしたいのだろうか。そして国民に煽る煽る。

それでいて、消費税が上がる、税金が高いというのも言いたい放題だ!!社会福祉を充実させれば、税金は上がる。治安維持というのも社会福祉である。こういったストーカー問題が起こるにつれて警官を一人ずつ被害者につけていれば金はかかる。警察が悪いと言いながら税金が高いというのは、簡単に言いかえれば、「金は出さんがサービスしろ!!」ということである。

俺は騙されないぞ。偏った報道をされても「悪いことは悪い。良いことは良い。」というきちっとした判断を持っていきたい。

皆さんも、マスゴミに騙されてはいけません。身近なところでは、民主党の政権交代。マスゴミによって、民主党が持ちあげられ、「政権交代」というキャッチフレーズで国民全員が騙されたのです。結局ふたを開けてみれば・・・・。悲惨な結果でしたよね。
政権を取ったことが無い政党によってタイミング良く震災がきて。

なんでもかんでもお上が悪いというものではない!!

ロッテの神戸先週のツィート、「何の事件か伏せるにせよ、今回のそれは自業自得だ」、「あんな画像が流出してたら『可哀想』とは1ミリも思わん」が問題になっているが、まともな意見だと思う。

これに対しても、マスゴミは、「不適切なことを」という報道である。彼のような有名人が発言したことは問題だが、誰もがこのように思っているのは否めない。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1503-76b71c08

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。