※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなどるなかれ。たけべ!! 

日本には、商業ベースに乗っからない場所がある。たまにその地区のことを「秘境」と呼んだりもする。

ここ建部の「八幡温泉」も秘境である。秘境というほど秘境でもなく、のんびりとした温泉街である。いや温泉街というほど旅館も立ち並んでもいなく観光地とは程遠いところである。

しかし!!私はこの地域が大好きなのである。

ここは、我が家から、1時間半ほどで行ける距離である。日常から非日常を体験できる非常に手頃な場所である。
事実、土曜も職場へ行き帰ってからここを訪れた。

IMG_0125.jpg

ここが建部温泉会館である。一泊2食で8500円程である。石山 修武という有名な建築家の設計である。ここは宿泊施設であるが、風呂のほうは改築されている。

IMG_0124.jpg

これが料理である。温泉旅館のメシはうまい!!刺身、天ぷら、タコ、茶碗蒸し、子鍋。子鍋の中には肉や魚がたくさん入っていた。これに、おつゆと御飯、果物が付く。ここの御飯、たけべ米がうまい!!
ひと風呂浴びて、夕飯。そのあとまた風呂。とはいうものこの日は、7時前に到着したので10分程入浴。食後も食べすぎたせいでちょっと休憩後入浴。風呂は午後9時までなのでこれも5分程であった。

翌日は宿泊客は8時から入れるので朝食後、貸し切り状態で1時間近く風呂に入った。

チェックアウト後、近くに旭川を横断する橋があった。

IMG_0126.jpg

この橋、自転車も押しながら渡らねばならない歩行者優先の橋である。この橋を渡りきると、地元の農産物を売っている特売所がある。ここに例のたけべ米が売っている。私たちはさっそくそれを買った。5kg1400円。それほど高くない。それとまいたけ、キャベツ、大根の間引き菜、どれも安い。

IMG_0129.jpg

ここに来て食べなければならないものは「たけべヨーグルトのソフトクリーム」である。これは、めだかの学校に併設してある店で食べることができる。

IMG_0130.jpg

奥にその店がある。ここのソフトクリームはうまい。しかし、人気は安富牧場のアイスクリームに奪われてしまっている。「たけべヨーグルト」は岡山の生協、農協で購入でき人気も高い。しかし、現地の製造工場のお客はほとんどいない。

IMG_0127.jpg


IMG_0128.jpg

私の叔父はこの地に庵を構え、「泥仏」を作っていた。この庵が温泉会館のすぐ近くにあったのだがもうそこは別の住人が住んでいる。庭先にあったあの泥仏たちはどこへ行ったのだろうと思っていたのであるが、なんとここめだかの学校、たけべヨーグルト製造所にあった。

一体一体が力作であり、これを見るためだけに足を運ぶ価値があるものである。いや、これを見てソフトクリームを食べる。これがいい。今はひっそりとして泥仏さんたちもさみしそうであるが、この地域が活気を帯びることを期待したい。(そうなることを叔父さんもあの世で期待しているだろう。)

たけべ。温泉、ヨーグルト、ヨーグルトソフトクリーム、(そして泥仏)いろいろあるのになぜ活性化していないのだろうと非常に疑問に思う。今回は夕飯に出なかったがアユの塩焼きも非常にうまい。たけべ米も絶品!!ここまで魅力があるのにここが繁盛しないのが不思議である。

岡山の温泉といえば、湯郷、湯原が有名である。私にしてみればそこは派手すぎる。たけべは本当に隠れ家的魅力が十分にある。

土曜日泊まりに行って日曜昼ごろ帰宅した。昨日日曜の夕飯にまいたけをソテーし食べた。絶品だった。御飯のたけべ米も新米で絶品だった。

「あなどるなかれ。たけべ!!」である。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1509-271a2389

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。