※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災復興に思う。 

「震災復興のために東北の食材を食べよう。」とかいう気運が高まっている。
本当にひどいものだ。こういうことを風評被害という形にすり替えている。

いいですか。

ストロンチウムもセシウムも半減期は約30年です。

半減期というもの、30年経つと0になるというものではない。30年経つと量が半分、また30年経つと半分、また30年経つと半分という意味である。

よって、100年近く経って元の量の1/8になるということを重々承知していただきたい。

原発事故で撒き散った量はトンのオーダーである。原爆は1キロほどである。よって、もし仮にセシウムが1トン降り注いでいたら、100年たっても125キログラムがまだ放射性物質が残っているということである。

よって3年経ったぐらいでは、放射能の影響は消えていない!!

細胞分裂の盛んな子どもたちに放射能の影響が出てくる。よって、福島圏域にお住まいの小さいお子様を抱えているお母さんは注意が必要である。

最も危険な食材としては、貝、海藻、そして椎茸である。これらは食べてはいけない。

さらには、太平洋を泳ぐ大型魚類も避けたほうが望ましい。

前者は、福島圏域沿岸部で採取できる海産物である。これらは、原発から垂れ流し状態のストロンチウムにさらされていると思ったほうが良い。更にきのこ類は、個体自身に放射能を貯めこむ傾向がある。

後者は、食物連鎖により、有害物質の金属類を体内に貯めこむ。水俣病など有毒な水銀がピラミッドの上に位置する生物ほど体内に貯めこむ割合が高くなった。放射能自身が貯め込まれるのではなく、それを発する物質が体内に蓄積されるということである。ピラミッド上位の生物ほどセシウム、ストロンチウムを貯めこみやすい。(どちらかと言えばストロンチウムのほうが蓄積しやすいのではなかろうか。)これに関しては、福島に住んでいるからは関係ない。日本在住で太平洋を北上したり、南下する大型魚類(カツオ、マグロ等)を食べる限り影響が出てくる。

3年経ってこういうことがもう終わったような風潮を作り上げている。こういう風潮を創りあげねばならない理由がある。原発を再稼働したいからである。なぜ再稼働しなければならないかは、経済が潤わないからである。

本日の報道ステーションは良かった。子供の甲状腺がんを取り上げていた。なんと33人もの甲状腺がんが見つかっている。
これに対し、鈴木と山下は「原発と関連がない」という意見である。

福島県立医大が甲状腺がんの検査に圧力をかけて、その情報をすべて握っているような印象を受けた。鈴木眞一は、福島県立医大に属している。ものすごくきな臭い。

今は「因果関係がない」と言っているが、これは時間の問題で、因果関係を認めざるをえないであろう。
これを防ぐためには、情報を隠ぺいするしかない。

あと2年後、その時が来る。しかし、このとき、真に弾劾されるべき人物は上記医療関係者ではない。

SPEEDIの情報をあえて公開しなかった、行政、官僚だ!!

国は何をしたか。これを重々考えていく。

まず、「絶対安全だ」と説き伏せ、万が一事故をしても被害を被らないように経済的弱者の地へ原発を誘致した。
地震により事故が起きてしまった。津波のせいにしているが実際は地震で壊れている。この言い訳として「想定外」という言葉を使ってはぐらかした。「パニックが起こる」という理由で本当は国民の安全を第1に優先すべきはずなのにSPEEDIの貴重な情報を隠蔽した。事故が収束してもいないのに「収束宣言」を出したり、「コントロールされている」と嘘を堂々とついた。

ここまでが過去の出来事である。次に今現在の国の行動を振り返る。

今年こそ、大半の原発を再稼働したいと本気で思っている。というのも安倍の頭のなかには経済発展させたいということしかないからである。経済が潤って、国民が裕福になれば苦情はなくなると思っている。

そのためには、原発事故はもう済んでしまったことにしなくてはならない。よって、まだ住んではいけないのに居住禁止区域を解除したりしている。また、「風評被害」ということで食材が売れないからと、大臣共が東北の食材を食べて見せ、安全をアピールしている。また、前述したとおり、子供の甲状腺がんの因果関係はないこととしている。

次に訪れるであろう未来像を述べる。

多分、この調子で行けば、今年、大半の原発が再稼働されるのではなかろうか。安倍の目論見としては、
給料アップー>消費税アップー>原発再稼働
を描いていたが、ちょっとそのシナリオは今からは無理なので
消費税アップー>給料アップー>原発再稼働
ということを期待している。しかし、子供の甲状腺がんはどうしても隠し切れないほど表面化してしまう。

これをどうはぐらかすかが最大の課題である。オリンピックが東京で開催されるまでにさらなる経済発展を望んでおり、その頃には福島の事故は、「旧式の原子炉だったからだ」ということで国民をはぐらかし、原発大国となる。
今現在「リニア開通」ということを決定づけているが、これが開通する直前に「原発がどうしても必要」と言い出し、国民に無理やり納得させてしまう。(実際、リニアモーターカーを走らせるためには東海道新幹線の3〜5倍の電力が必要となる。詳しくはここ。)

こういうシナリオが見えてしまいます。

真の復興とは何か。

それは、原発を再稼働させないこと、原発依存を0にすることである!!

次に事故が来るまで本気でやめようとはしないでしょう。この国は。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1523-54ee1be1

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。