※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「差別」ということで隠蔽 

福島原発事故の影響で奇形児生まれた、がん患者増えたはデマ- NEWSポストセブン(2014年3月14日07時00分)

 ネット上では福島原発事故の影響だとするさまざまな健康被害の情報が流れたが、大半は根拠やデータのない風説だ。例えば、以下のようなものがある。

●奇形児が生まれた
 広島・長崎の被曝者の追跡調査(放射線影響研究所調査)の結果を見ると奇形児が有意に増えたとは言えない。さらに、被曝者の子孫に影響が遺伝した例もない。今回の福島でも奇形児が増えたというデータは、いかなる調査、統計でも存在しない。また、流産が増えたとの噂も流れたが、そのような事実もない。

●がん患者が増えた
 放射線はDNAに損傷を与えるので、大量の放射線を浴びれば、がんなどのリスクが高まる。しかし前出の放射線研究所調査で100ミリシーベルト以下の低線量被曝でのリスク増加は確認されていない。

●急性白血病で鼻血、下痢に
 非常に高い線量の放射線を1度に被曝した場合(急性放射線症)に造血幹細胞が死んで出血が止まらなくなったり、小腸内の幹細胞が死んで下痢をしたりする。福島のような低線量被曝ではあり得ない。鼻血や下痢があったとしても放射線被曝とは関係がない。

 漠然とした不安感から不正確な情報、根拠ないデマに乗せられると、被災地の人々を傷つけ、差別を生む。


この記事は、一見正しいことを述べているように思われる。確かに横行するデマを鵜呑みにし、これをさらに拡散させるのはよくないことである。

しかし、これから起こりうる小児の甲状腺癌に対し、これはデマだから福島県の人々を差別しないようにしましょうという風潮を決して許してはいけない。

こういう風潮は過去に起こっているので皆さんも思いだして欲しい。
薬害エイズ問題である。これは、アメリカではもう使っていなかった非加熱製剤をまだ日本では認可しており、これを使った人がエイズになったということであった。

ここでどういう風潮が生まれたかというと、「エイズということでエイズの人に偏見を持つのはやめましょう。」ということを言い出したのである。エイズの人とキスしてもうつらないし、エイズの人を刺した蚊が自分に刺されてもエイズにならないということを大々的に報道していた。

しかし、ここでごまかされてはいけないのは、「差別」ということが問題なのではなく、エイズになるような非加熱製剤を売り続けていたということが問題なのである。

これはそのまま、上の記事に当てはまる。「癌患者が増えた。」ということで「差別」をなくしましょう。と言っているが、本当は、そのような噂が立つものを国が、東電がまき散らしたのである。これこそが問題であって、このことを糾弾すべきである!!!

今は、確かにガセ的要素が十分あるかもしれない。しかし、小児の甲状腺癌と福島の事故の因果関係がはっきりした後、「福島の子供たちを差別しないようにしましょう。」という風潮に絶対のってはいけない。騙されてはいけないのである。

国や東電に徹底的に保障してもらうべきである。

You tubeで先日の報道ステーションの番組を探したがそれが無かった。関連の動画を見つけたのでそれを載せておく。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1525-186f9722

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。