※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の流れ!? 

昨日、90年代のヒット曲というのを聞いてみました。

当時の曲って、なんかいいですね。リズムが単調で。



このYou tubeをiPhoneで聞いたのですが、妙に違和感がありました。というのは、

90年代の当時というのは、スマホは存在しない。

ということです。まだカセット全盛期でした。カセットケースサイズのウォークマンがありました。これでも十分小さかったのです。しかも、テープ、アナログです。音のいいやつはメタルテープでした。しばらくしてから、DATというデジタル録音できるやつが現れて、「こんなものを売り出すとCDが売れなくなる。」と騒がれていた時代でした。

私のiPhoneを持ったまま、あの時代にタイムスリップしたら・・・・。世間では驚きの的になるでしょう。タッチパネルなど存在していませんでした。これをジョブズのところへ持って行ったら、彼は大感激するでしょう!!!! 当時は、マッキントッシュが出ていたころでしたから。(確か、インターネットはできていたと思います。)

ただし、もし過去へタイムスリップしてスマホ(iPhone)を持っていくとしたら、本体に楽曲を入れ込んだ状態で持っていくしかありません。

過去のあのときにはYou tubeも無線LANもありませんから。

つまり、過去に今の機械を持っていっても100%の実力を発揮できないということです。どれだけハードが優れていても、それを使いこなせる状況をきちんと整えなければならないということに気が付きました。

90年代って、規格でUSBもなければ、SSDもない。(GPSは商業ベースで開放されていたのであろうか。)デジカメも何百万画素などは存在しないし、もしかしたらやっと世に出たころかもしれません。ましてや、カラー液晶などもあったかどうだかというような感じです。

そうなのです。これほどまでに普及しているケータイも30年も昔に持っていけば使えないガラクタなのです。

こうやって振り返ってみると、科学の進歩はすさまじいです。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは

相変わらず二つ折りの携帯電話所有者です。
テレビもブラウン管のが、まだまだ現役で
頑張ってくれてますね。
まぁテレビはニュース・プロレス視るくらいですから。

音楽といえば昔はレコードとカセットテープでしたね。
テレビのスピーカー部分にラジカセをくっつけて
歌を録音してた時代を思い出しました。

コメントありがとうございます。

かかずユキ様

コメントありがとうございます。「二つ折りの携帯」よりも「ブラウン管」には驚きました。
ブラウン管って10年ぐらいしか持たないことないですか?

先日、実家で「テレビが映らないからみてよ。」と言われました。
1台は新しいテレビですが、もう1台はチューナーのみを地デジにしたブラウン管でした。
全く映らなかったのですが、ちょうど10年ほど経過したものでした。
早速、価格.comで最安値を探し、両親に送りました。

そういえば、20年前と言うのは液晶テレビも無かったのではないでしょうか。
10年前と言うのは今とそれほど劇的には変わっていないように思えます。
カラー液晶も普及していたようですし、ネットも楽天とか普通に使っていました。
無線LANもあったような気がしますし。

そういえば、20年前、ブログっていうのも全く無かったですよねえ。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1534-0f0f02a1

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。