※お役立ち情報満載のOshirabe Goto へ立ち寄ってみてください。(ブックマークしておくと便利です。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7 再インストール 

職場のパソコンはミラーRAIDOという形式で常にバックアップを取りながら、パソコンを動かしていた。

ついにハードディスクの一つが寿命で壊れてしまった。しかしRAIDで構成しているので、壊れた一つを取り出し、新たなのを付け変えて回復した。また、正常な方もそろそろ寿命かもしれないので回復したほうを残し、また新たなハードディスクを取り付けて、バックアップを取った。


いやあ、ミラーRAIDこれは便利と思っていたのだが、使っていくうちに「ライセンス認証されていません」とか「正規のwindowsではありません」と出てくる。電話をするように促してくるが、どこへ連絡すればよいのやら、さっぱりわからん。

よって、手っ取り早く「再インストールすればよいのだ」と気づき、本腰を入れて取り掛かった。


そろそろ完成かな?と思っていると、「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした。」

とのたまってくる。「これは、アップグレード版だからビスタを入れてからにしよう」と考え、ビスタを入れてみた。ビスタは入った!!しかし、windows7はやはり怒られる。

どうしようもなかったのでネットで調べてみた。こういうこと、ネットで調べるに限る。検索キーワードは「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした。」で調べてみた。

やはり、同じよなトラブルの人はいるもので、【リカバリートラブル】このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした|トラブル解決のサイトが役に立った。しかしこのサイト、「Ubuntsu”のLinuxのディスクを用意しろ。」と言っているが、インストールの途中で「ドライバーの読み込み」という項目があるのでUSBで読み込ませるとうまくいった。

さらにこのサイトに書いてある通りに、インストール後にもう一度別のドライバーを入れてみるが、アップデートが行われない。しかし、ネット情報はすごい。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

という呪文のようなコマンドをバッチファイルにし(要は、上のコマンドを適当にエディタで書いて、「abc.bat」とかいうファイル名にして保存)、そして管理者で実行。

そうするとすべてがうまくいった!!!アップデートもすんなりと行えた。

なお、上のバッチファイルに関しては、このサイトに詳しく書いてある。

とりあえず、私が持っていたwindows7は結構昔のやつでこれで再インストールするとこのような現象が起こるらしい。

原因は、「昔のHDDと今のHDD(AFT対応)の違い(どちらもSATAではある)」が原因らしい。マイクロソフトさんよ、ここら辺どうにかしてくれよ。逆になんでビスタでは怒られずにwindows7では怒られるんだ?

ちなみに、このような現象に遭遇したらここのサイトも参考にするといいです。

このようなトラブルに会い、すごい労力を使ってしまったのですが、グーグルは素晴らしい。やっぱり、chromeはいいよ。新たに入れ直してもちゃんとブックマークが復活する。ドロップボックスもいいですな。ちゃんと復活してくれます。

これからは、「クラウド」です。こうなりゃ、ハードディスクのRAIDOも必要なくなるかもしれません。

どこかが1TB ぐらい無料で提供してくれないかなあ。そうすれば、200~300GBほどのSSDを積んであとのデータはクラウドに保存するのに。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tj502.blog32.fc2.com/tb.php/1537-88bc1284

気になるコンピュータ情報

お勧め情報!

自作PCに関しては「自作コンピュータ 俺ならばこれを買う。」にまとめました。ご活用ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。